@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家主【イエアルジ】

デジタル大辞泉

いえ‐あるじ〔いへ‐〕【家主】
一家の主人。いえぬし。
「かの―二十八日に下るべし」〈浮舟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いえ‐ぬし〔いへ‐〕【家主】
その家の主人。
「早速神田の御宅を尋ねて見ると、早や―の二三人も代って居るので」〈鉄腸雪中梅
貸家貸間の持ち主。おおや。やぬし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

や‐ぬし【家主】
貸し家の所有者。いえぬし。おおや。
一家の主人。あるじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いえぬし【家主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やぬし【家主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いえあるじ【家主】
一家の主人。男女ともにいう。家の君。 かかるほどに、かの-大弐になりぬ/源氏 蓬生

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いえぬし【家主】
借家の所有者。近世、江戸では、借家の管理人。
一家のあるじ。いえあるじ。 -とつぼねあるじと定め申すべき事の侍るなり/枕草子 六・能因本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やぬし【家主】
貸し家の持ち主。おおや。
一家の主人。あるじ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

家主
やぬし
「いえぬし」とも読む。江戸時代の町人階層の一つ。土地家屋の所有者(地主(じぬし)、家持(いえもち))をさすが、管理人である家守(やもり)(大家(おおや))を含んでいう場合もある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いえ‐あるじ いへ‥【家主】
〘名〙 一家のあるじ。いえぬし。家の君。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「よべより三日の家あるじ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いえ‐ぬし いへ‥【家主】
〘名〙
① その家の主人。いえあるじ。いえぎみ。
※能因本枕(10C終)六「家ぬしなれば、よく知りてあけてけり」
※増鏡(1368‐76頃)九「あやしの宿りにたち寄りては、其いゑぬしがありさまを問ひきく」
② 女主人。主婦。
※咄本・醒睡笑(1628)六「もはやそのままこれの家主(イヘヌシ)になれ」
③ 貸家の持ち主。
※発心集(1216頃か)三「さて、人の家かりて〈略〉いと安き事とて家主(イヱヌシ)なん其の程の事は用意しける」
④ 近世、地主や貸家の持ち主の代わりに、貸家の世話や取り締まりをする者。やぬし。大家。差配(さはい)。⇔店子(たなこ)
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「店子(たなこ)の居候ふに家主が馬鹿にされちゃア、組合に済まないぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いわらじ いはらじ【家主】
〘名〙 中流家庭の主婦。後には、特に農家の主婦をさす場合が多い。
※俳諧・正章千句(1648)三「引すゑて三の口をもすはるべし やすくよろこぶこれの家主(イハラジ)
[補注]「いへあるじ(家主)」が変化したもの。なお、「いへぬし(家主)」が「いはうじ」「いはらじ」と変化した、また、「いへとじ(家刀自)」を「家童子」と表記したものの誤読による、などの諸説がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か‐しゅ【家主】
〘名〙 家の主人。一家の長。
※本朝麗藻(1010か)下・夏日陪於員外端尹文亭同賦泉伝万歳声詩一首〈藤原為時〉「漢主若知家主意、山声定愧水声遙」
※評判記・色道大鏡(1678)一二「家主(カシュ)に此女を乞請」 〔墨子‐兼愛・中〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家主の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation