@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家庭小説【かていしょうせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家庭小説
かていしょうせつ
主として家庭の女性読者を対象にした,道徳的に健全な通俗小説光明小説,健全小説ともいわれる。日清戦争後の明治30年代(1897~1906)に深刻小説に対立するものとして成立し,多くは新聞小説かたちで発表された。上流・中流家庭における封建的な男女・家族関係から生ずる悲劇を扱ったものが多いが,旧来儒教的道徳(→儒教)や常識を打破する体のものはなく,感傷的な通俗読み物にとどまった。代表的作品は,徳冨蘆花の『不如帰』(1898~99),菊池幽芳の『己が罪』(1899~1900)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かてい‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【家庭小説】
家庭内部の種々な出来事を題材とする小説。
家庭内のだれでもが読めるような健全で通俗的な小説。徳富蘆花不如帰(ほととぎす)」をはじめ明治30年代に流行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かていしょうせつ【家庭小説】
文芸用語。1900年(明治33)前後に流行した通俗小説の一種で,おもに家庭婦人を読者の対象として書かれた長編の現代小説をいう。平易な文章で,比較的に筋も単純で人物も類型的だが,健全な家庭,社会の道徳をむねとした作風であり,女性読者の好尚を反映した当代風俗小説の一面もあった。必ずしもハッピー・エンドを心がけてはいないが,ときに明るい解決を目ざしたものもあり,〈光明小説〉と呼ばれた(中村春雨の《無花果(いちじく)》(1901)など)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かていしょうせつ【家庭小説】
家庭に題材を求めた小説。
明治30年代、主に家庭婦人を読者として流行した通俗小説。健全な家庭道徳に基づく愛や封建的な家における女性の苦悩を描いた。徳富蘆花の「不如帰ほととぎす」、菊池幽芳の「己が罪」など。光明小説。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

家庭小説
かていしょうせつ
文芸用語。日本の文学史上で明治30年代に悲惨小説、観念小説の反動として出てきた家庭生活を素材にした小説をいう。一名、光明小説ともいい、封建的な家庭関係の矛盾に苦しむ女性を主人公とし、彼女がキリスト教や儒教の教え、または純粋な愛情によって問題の解決を得るというのがパターンになっている。それだけに、そこには家庭内の矛盾はいちおう描き出されるが、それを暴き、徹底的に対決究明する姿勢に乏しく、安易な結末、常識的・通俗的解決に終わってしまうものが多かった。代表的作品に徳冨蘆花(とくとみろか)の『不如帰(ほととぎす)』(1898~99)、菊池幽芳(ゆうほう)の『己(おの)が罪』(1899~1900)、中村春雨(しゅんう)の『無果花(いちじく)』(1902)、草村北星(ほくせい)の『浜子』(1902)、田口掬汀(きくてい)の『伯爵夫人』(1905)などがある。[畑 実]
『『明治文学全集93 明治家庭小説集』(1969・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かてい‐しょうせつ ‥セウセツ【家庭小説】
〘名〙 家庭婦人などを対象とした健全な内容の小説。家庭向きの小説。明治三〇年代に流行。上流・中流社会における儒教的・キリスト教的道徳と調和し、家族間の愛憎や道徳を多く題材としている。
※「浜子」を読む(1903)〈小島烏水〉「本篇は『家庭小説』として些の猥気が好(よ)く、清新の一字を許すことを躊躇しない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭小説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家庭小説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation