@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家庭文庫【かていぶんこ】

図書館情報学用語辞典

家庭文庫
個人の篤志家が自宅を開放し,自己所有の児童図書を貸し出す形態子ども文庫.クローバー子供図書館(1952),土屋児童文庫(1955)などの設立の頃から盛んになり,1957(昭和32)年に家庭文庫研究会(会長 村岡花子)が組織され,家庭文庫の存在が明らかにされた.この研究会は,会報の発行,全国の家庭文庫との連絡,指導,外国の絵本の翻訳出版,新しく文庫を作る人への本の寄贈,貸出巡回セットを地方の家庭文庫へ無料で貸し出すなどの活動を行った.1965(昭和40)年には,石井桃子主宰のかつら文庫の実践記録『子どもの図書館』が発行され,これを読んで文庫を始める人が増加した.その後,個人の善意努力には限界があることが明らかになり,家庭文庫として発足した民間の児童図書館運動は,地域の人々の協力組織をとる地域文庫に脱皮したり,図書館づくり運動にかかわるようになる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭文庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家庭文庫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation