@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家持【イエモチ】

デジタル大辞泉

いえ‐もち〔いへ‐〕【家持(ち)】
家屋を所有している人。屋敷持ち。
家族を養い、一家を構えている人。戸主
家計や所帯のやりくり。「家持ちがいい」
江戸時代、屋敷持ちとして公役の権利義務が与えられ、本来の意味で「町人」と呼ばれた者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いえもち【家持】
日本近世の被支配諸身分のうち,百姓,町人,諸職人の者で,家屋敷を所持し,そこに居住する戸主のこと。家屋敷は,イエの基礎となる家屋と,その敷地とからなるが,家持はこの両方を同時に所持している。これに対して,自分は他所に住み,家屋敷を有する者を家主,敷地のみを有する者を地主という。また,家屋敷の全部または一部を借りて居住する者を借家・店借(たながり),敷地を借りて家屋は自分で有する者を地借とよぶ。家屋敷の敷地部分は,田畑と同じように高請(たかうけ)地とされ,年貢や高にもとづく諸役(高役)が賦課される場合(在方に多い)と,高請地とされないか,または高請地となっても年貢や高役の両方か高役のみが免除される場合(町方に多い)とがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やかもち【家持】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

家持
いえもち
江戸時代の町人階層の一つ。家持はその町に居住し、自宅および宅地を所有する者で、居付地主(いつきじぬし)(大坂では町内持)ともいった(そのほか大坂では他町持、他国持の区別がある)。また店借(たながり)人と違って、家持は町入用(ちょうにゅうよう)と称する町政の費用を負担した。したがって居付地主である家持は、町内でもっとも発言力をもち、はぶりをきかす者であったが、多くの家持は人を雇って代行させた。しかし場末の家持は代人をたてず、自分自身で直接に土地家屋を差配する者が多かった。初めは家持たちが五人組を組織したといわれているが、のちには代行者の家守(やもり)(大家(おおや))が五人組を組織するようになった。[南 和男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いえ‐もち いへ‥【家持】
〘名〙
① 家屋を所有すること。また、その人。特に、江戸時代、借家人に対して、家・屋敷を所有している町人をいう。町人としての権利と義務を有した。いえぬし。やぬし。おおや。
※梅津政景日記‐元和五年(1619)三月二二日「窂人かかへ候はは、町中家持請人に立候はは、不苦候」
② 一戸を構えて生活している人。所帯持ち。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉九「今直ぐ家持になって呉れと云ふんぢゃ無いがね」
③ 分家をいう。
※秋山記行(1831)二「此家の老人は、己、〈略〉此五軒の村の惣本家、昔の二十軒余は家持だと云ふ」
④ 家計のやりくり。一家の生計の処理。所帯持ち。
※政談(1727頃)一「跡目・養子等の真偽の吟味も成らず、身持・家持の悪きも知れず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やかもち【家持】
謡曲。五番目物。廃曲。作者不詳。万葉集撰集の勅命を受けた大伴家持は、妻の病気も顧みずに参内する。娘の姫はこれを悲しみ陰陽師の秦安国(はたのやすくに)を呼んで、自分が母の身代わりとなるので、母の命を助けるように頼み自殺する。家持の夢のうちに、火車を引いて病人を引き取りに来た鬼に姫は歌をよんで感じ入らせ、ついに姫は生きかえる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

家持
いえもち
江戸時代,町人階層の一つ
町内に家屋敷を所有する地主をいう。町人の中心で,町人としての権利(庶政や行事への参加)や義務(町役・公役の負担)を有した。町名主は家持の中から選出。地借から地代を,店借 (たながり) から店賃を徴収した。この場合,家持の管理を代行するのが大屋 (おおや) ・家守 (やもり) で,彼らは家持に準じて町政に参加した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家持」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家持の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation