@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家業【カギョウ】

デジタル大辞泉

か‐ぎょう〔‐ゲフ〕【家業】
その家の生計を立てるための職業。生業。多く自営業についていう。「家業を手伝う」
代々、その家に伝わってきた職業。また、世襲的に継承していく技術や才能。「家業を継ぐ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぎょう【家業】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

か‐ぎょう ‥ゲフ【家業】
〘名〙
① 家の財産。一家の財産。
※続日本紀‐養老四年(720)三月己巳「庶使貧乏百姓、各存家業。〈略〉渉歴他郷歳忘帰。其中縦有過還本貫者、縁其家業散失、無存済」 〔漢書‐楊王孫伝〕
② 一族が世襲的に継承していく、武芸、芸能、学問などの固有の技術や才能。
※菅家文草(900頃)二・予作詩情怨之後、再得菅著作長句二篇「家業年租本課詩、情田欲倦莠言滋」
※太平記(14C後)一二「中にも千種の頭の中将忠顕朝臣は〈略〉文字の道をこそ家業(カゲウ)とも嗜まるべかりしに」 〔列子‐天瑞〕
③ 家の職業。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「銘々家業(カゲウ)を外になして諸芸ふかく好める事なかれ」
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「壱人は家を建るのを家業とし、今壱人は衣服を製(こしら)へるのを家業にする」
④ 法門に属する者がなすべき仕事。修道、修学をいう。〔空華日用工夫略集‐永和四年(1378)九月一一日〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐ぎょう ‥ゲフ【家業】
〘名〙 一家の生計を立てる職業。また、家代々の職業。生業。かぎょう。
※今昔(1120頃か)一「而に我が一門に出家せる者、独も无(な)くして、家業(けげふ)をのみ営めり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation