@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家産制【かさんせい】

世界大百科事典 第2版

かさんせい【家産制 Patrimonialismus[ドイツ]】
この語は,K.L.vonハラーが,君主が自分の私的な家産patrimoniumとして取り扱っているような国家家産国家Patrimonialstaatと呼んだことに由来するが,家産制の概念を明確な社会科学的概念として確立したのはM.ウェーバーであり,この概念は今日ではほとんど例外なくウェーバーの規定した意味で用いられている。 ウェーバーは正当的支配を,合法的,伝統的,カリスマ的支配の三つの純粋型に分類するが,家産制は伝統的支配に属する支配の類型である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

家産制
かさんせい
patrimonialism
国家や集団の首長がその構成員や人間関係、財産、物品を自分の家産patrimonumのごとく支配する前近代的な統治制度をいう。この概念を初めて用いたハラーによると、家産制国家では国内のいっさいの関係は君主の私的関係とみなされ、領土と人民は君主の所有物であり、財産は君主の私収入で、戦争は君主の私事とされる。したがって、一般に、国家が君主の世襲財産のごとく扱われ、統治(支配)権と所有(財産)権との区別がないような政治形態をさす。
 家産制の概念を学術語として確立したのはマックス・ウェーバーである。彼は支配を合法的、カリスマ的、伝統的の三つに分け(支配の三類型)、長年の伝統を絶対的に神聖視することに立脚した伝統的支配のうちに家産制を位置づけた。伝統的支配の純粋型は家父長制で、そこでは家長が伝統に従って家の子と家産とを占有していっさいの経営を行う。家産制は、この家父長制が発展したもので、その典型は古代エジプトのように、国家そのものが国王の家計の拡大された家計とみなされ、家臣や人民は一家の家長に対するごとく国王に子としての恭順を守り、国王は伝統的権威に基づいて支配し、人民と財産とを管轄する。この家産制がさらに発展すると、農奴制に立脚した中世の荘園(しょうえん)制となる。ここでは臣下や農奴はもはや君主に全人格的に隷従せず、ある程度の独立を得、君主と一定の身分的上下関係にたつ。家産制が拡大すると、君主の絶対的単一支配ができなくなり、君主と人民との中間にたつ幹部臣僚が、一定の地域を与えられて行政権を行使するといった一種の身分的官僚制が形成される。ウェーバーはこれを近代官僚制と区別して家産官僚制とよんだ。封建制はこれが発展したものである。
 スイスの民法に規定された家産制度や、日本の旧民法上の家(いえ)制度は、家産制の家族主義的な面を継承したものである。[森 博]
『M・ウェーバー著、世良晃志郎訳『支配の社会学』(1960・創文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家産制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家産制の関連情報

関連キーワード

先天性血小板機能異常症von Willebrand病(VWD)官房学派パトチュカ利益法学ヘルダー教会シュラーギントワイト兄弟ドクトル・マブゼジーメンスジーメンス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation