@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家禄【かろく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家禄
かろく
武家時代,主家から家臣に与えられた俸禄永世禄,終身禄,年限禄の3種があったが,最も重要なものは永世禄であった。永世禄は原則として子孫に世襲されるもので,功罪によって増減,あるいは剥奪が行われ,武士の身分判定の規準とされた。江戸時代になると,大部分は蔵米で支給される形がとられ,知行取りは家格の高いもののみであった。武士階級以外にも,例外として,公家,神官,僧侶などに家禄が与えられる場合があった。永世禄は家に対して与えられたが,ほかの2種は個人に対して与えられる臨時のものであった。明治維新後も家禄はしばらく存置されたが,財政上の理由もあり,封建制撤廃の方針もあって,一時賜金または金禄公債と引替えに整理し,1876年廃止された。 (→俸禄制度 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐ろく【家×禄】
主君がその家臣である武士に与えた俸禄。家について支給され、江戸時代には世襲化していた。高禄の者は領地を、普通の武士は米穀を支給された。
明治初期、華族士族の家格に対して支給された俸禄。明治9年(1876)に廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かろく【家禄】
封建時代に主君からその家臣または,これに準ずる階級の者に給与された知行,俸禄をいう。家禄は中世にもみられるが,幕藩制時代の近世に典型的にみられる。家禄は封建関係において,主君に対する家臣の奉公への反対給付として,主君から家臣に給与されたものであるが,近世では将軍と大名・旗本・御家人,大名と藩士,旗本・御家人・藩士と家臣との間にみられ,また将軍と公家・寺社との間でもこれに準じた家禄がみられる。家禄には土地給与の知行,蔵米給与の切米・扶持米,貨幣給与の給金などの種別があり,家禄の種類や大小によって身分格式の上下差別がおこなわれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

家禄
かろく
封建社会において,武士が主人よりうけた給与
その家に固着した俸禄で,世襲が原則。封建制成立期に発生し,太閤検地を経て江戸時代に完備高禄者は知行取(領地給与),中・下級武士は蔵米取(米穀支給)であった。1876年廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家禄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家禄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation