@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家老【かろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家老
かろう
年寄,宿老,老 (おとな) ともいう。大名家臣中,藩政を総括した者。室町時代には,宿老とか中老といった。江戸時代には,諸藩では家老数名をおいて政を執行し,幕府でも初期には,大久保,石川,酒井,本多,水野榊原井伊などの譜代大名が家老として幕政を執行し,やがて年寄,加老中などと呼ばれるようになった。3代将軍徳川家光の時代には,大老が家老とも呼ばれて老中の上に位置した。参勤交代に際して,諸藩では城代家老江戸家老がそれぞれ国元と江戸におかれ用務を果した。家老は重臣藩主一族につながる者が多かった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐ろう〔‐ラウ〕【家老】
中世、大名の家臣のうちの最重家中を総括する職。また、その者。年寄(としより)。家老職。
江戸時代、藩主を助けて藩政を行った重臣。複数で合議輪番制によった。城代家老江戸家老などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かろう【家老】
室町・江戸時代,武家において家務を総裁する者。武家の家臣中での最高職。年寄,老中,宿老ともいう。家老の呼称は,《鎌倉年代記》や《永享記》にみえるのを早い例とする。室町中期以降,守護大名戦国大名のもとでの職名として多用されるようになった。江戸時代には,大名,旗本の家で用いられたが,幕府では老中,年寄の呼称が使用され,家老とはいわなかった。家老(職)は,多くの場合世襲であったが,かならずしも一家とは限らず数家あるのが一般的であり,ときにその中の第一人者を筆頭家老と呼ぶこともあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かろう【家老】
武家の重臣で、家政を主宰し家中を統率する者。また、その職名。江戸時代には、一藩に数名おかれ、多くは世襲であった。年寄。宿老。老おとな
江戸時代、商家で家務を総括する手代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

家老
かろう
武家の家臣のうち最重職で、家中を統轄し家政を総理する職。宿老(しゅくろう)、年寄(としより)、老中(ろうじゅう)、執政(しっせい)などともよばれる。本来は家の高年者をさしたが、老練の者がしだいに家政をつかさどるようになったため、職名となり、軽輩をさした若党(わかとう)と対置されるようになった。戦国時代以降、大名がその権力を拡大し、一族や有力国人層などを完全に掌握する過程で、大名の家令(かれい)的存在であった家老が公の政治に関与し、一門や有力な外様(とざま)の家臣を政治の場から遠ざけて、家臣団の第一人者としての地位を得た。江戸幕府において、家老に相当する老中が譜代(ふだい)大名のみから任ぜられたのは、以上の背景を物語っている。諸藩では職制の整備にしたがいその職域も分化し、大名の家政を担当する奥(おく)家老、江戸藩邸に駐在する江戸家老などが設置された。近世中後期に家柄の格式が固定すると、特定の門閥のみが任ぜられて弊害も多く、中級家臣から登用された家老が藩政改革を断行した藩も出現するに至った。なお、幕府や諸藩がそれぞれ御三家(ごさんけ)・御三卿(ごさんきょう)、支藩に監督のため派遣した家老を付(つけ)家老という。[根岸茂夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ろう ‥ラウ【家老】
〘名〙
① 一家の高年者。
※本朝文粋(1060頃)四・為入道前太政大臣辞職第三表〈大江匡衡〉「連枝或臨艾服兮凋枯。臣之余六旬者。可家老
② 家中を総括する職。武家の家臣のうちの最重職。また、その者。年寄(としより)。家老職。
※鎌倉大草紙(16C中か)「常陸国にて所領数多給り、此の子孫結城代々の家老となる」 〔国語‐晉語八〕
③ 町家で、家務を総括する手代。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)五「御家老(カラウ)藤七殿と名乗り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

家老
かろう
大名の重臣で,家臣団を統率し,事務を総轄する役職
室町中期以降一般化し,江戸時代には藩主を助けて藩政を執行。員数は藩によって異なるが,数名いて合議制をとるのが常態。世襲がふつうであるが,交替制のところもあった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家老」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家老の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation