@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家計【かけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家計
かけい
家庭の生活設計に従って行われる経済活動。また,その経済活動の結果を貨幣面からとらえたもの。 (→家庭経済 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

家計
家計とは、家庭経済の一部で、主に金銭を介した活動。経済主体としての家計は企業に対しては市場での消費貯蓄労働などの取引を行い、政府に対しては税金や社会保険料を負担して社会保障給付公共サービスなどの給付を受ける。家計費とは、家計が貨幣を介して企業や政府など他の経済主体と取引した結果を、貨幣量で示したもの。
(上村協子 東京家政学院大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

か‐けい【家計】
家族が暮らしていくうえでの、収入支出の状態。家族が暮らしていくための費用。一家の生計。「家計を預かる」「家計のやりくり」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

家計
 一家庭の財産,収入,支出などの総体.特に収入と支出についていう場合が多い.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かけい【家計 household】
みずからの意思に基づいて経済活動を行う単位を経済主体economic unitと呼び,その役割や機能に応じて,家計(あるいは消費者),企業(あるいは生産者),政府の3種類に区別する。家計は,所有する労働・土地等の生産要素を市場に供給し,そこで得られた所得で種々の消費財需要する経済主体である。経済学では,家計は限られた所得の範囲内で自己効用(あるいは満足)を最大にするようにの需要を決定するという合理的行動を行うもの,と想定している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

家計
かけい
household

企業や政府と並んで、国民経済を構成する経済主体。家庭生活を営むための収入、支出の運営そのものもさす。家計の動向については、国民経済計算(内閣府)、家計調査および家計消費状況調査(総務省統計局)によって示されている。

 住民基本台帳(総務省)によれば、2020年(令和2)1月1日時点では、5907万1519世帯が存在しており、1世帯当りの構成人員は2.15人である。

 家計に関する統計で注目度が高いのは貯蓄率であるが、国民経済計算ベースでは1990年代以降、下落傾向にあり、2013年度にはマイナスに転じた。一方、家計調査ベースでは1990年代以降も横ばいで推移している。両者の動きの違いを生んでいるのは、(1)定義、概念の違い、(2)カバーしている家計の範囲、である。定義に関して両者は一見似ている。国民経済計算は可処分所得と年金受給権の変動調整の合計から最終消費支出を引いたものを貯蓄額としている。そして、可処分所得と年金受給権の変動調整の合計に対する貯蓄の割合を貯蓄率としている。家計調査では可処分所得から消費支出を差し引いた額(黒字)の可処分所得に対する割合で求めている(黒字率とよばれる)。ただし、たとえば、住宅ローンの返済額は国民経済計算では貯蓄額に含まれないが、家計調査では黒字額に含まれている(土地家屋借入金返済額とよばれる)という違いがある。

 カバーしている家計の範囲に関しては、国民経済計算は全世帯を対象にしているのに対し、家計調査ベースでの黒字率としてよく取り上げられるのは「2人以上の世帯のうち勤労者世帯」のみを対象としているという違いがある。なお、家計調査では高齢者無職世帯の貯蓄率も別途公表されているが、貯蓄率はマイナスとなっている。つまり、この世帯では消費支出が可処分所得を上回り、貯蓄を取り崩しているのである。すなわち、高齢化が進むなかで、全世帯に占める高齢者無職世帯の比率が高まっていることが、国民経済計算と家計調査の貯蓄率の動きの違いを生んでいると考えられる。

[飯塚信夫 2020年9月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐けい【家計】
〘名〙 一家の暮らし向き。一家の生活を維持する経済。一家の収入や支出をもととして、日常生活を適当に処理すること。生計。〔色葉字類抄(1177‐81)〕〔晉書‐甘卓伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation