@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家譜【かふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家譜
かふ
一種で,家ごとにその世系を表示もしくは述した記録のこと。古来,日本では家が社会組織の根幹をなし,家系は常に重要視されたため,系図,家譜の編述は慎重に行われた。すでに奈良時代にその先例があるが,武家時代には諸家の系譜編述が盛んに行われ,室町時代には洞院家による『尊卑分脈』,江戸時代には幕府の手になる『寛永諸家系図伝』『寛政重修諸家譜』が諸家の系譜を集成した。明治政府が公家武家華族から提出させた家記,家譜も重要であり,近代の編述としては,太田亮の『姓氏家系大辞典』が網羅的なものである。なお系譜のうち,系線を用いて表示したものを特に系図という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐ふ【家譜】
その家の系譜。一家の系図。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かふ【家譜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かふ【家譜】
一家の系譜。系図。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

家譜
かふ
家ごとの系譜。系図、系譜ともいう。先祖代々の続柄を系統図の形に整理し、必要に応じて略歴を注記した書類である。系統図の形をとらず、略歴を主としたものを家伝、家記、先祖書、由緒書(ゆいしょがき)などとよぶ。公卿(くぎょう)の家譜は古代からつくられていた。近世になって江戸幕府は『寛永諸家系図伝』『寛政重修(ちょうしゅう)諸家譜』など、大名や旗本の系図集を編集するため、しばしば諸家に命じて家譜を提出させたので、武家の家譜が多数調製され、しだいに内容が正確、詳細になった。明治初期にも政府は華族の家記を提出させた。
 中国をはじめ東洋諸国にも、家譜をつくって官吏の任用や一族統制の資料とする伝統があり、これを「宗譜」「族譜」「世譜」などと称する。[福井 保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ふ【家譜】
〘名〙 その家の系譜。一家の系図。
※本朝文粋(1060頃)一三・為左大臣供養浄妙寺願文〈大江匡衡〉「抑検家譜、万歳藤之栄、所以卓万姓、其理可然」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「家譜(カフ)には義実を、為朝の実子とす」 〔宋史‐芸文志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家譜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家譜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation