@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

家領【けりょう】

世界大百科事典 第2版

けりょう【家領】
中世の権門勢家が歴代にわたって伝領した所領・荘園。〈家領〉の語は,平安初期に東寺に施入された伊勢国川合勅旨田が,もと〈従四位下屋部王家領,宝亀四年皇太子伝家領〉であったとされるのが早い例であるが,奈良時代,766年(天平神護2)の越前国田券に〈右大臣家田〉とあるのも同様な存在で,奈良末・平安初期に,王族高官など尊貴の〈家〉が領する初期荘園を,〈何某家領〉と呼んだのがその始まりとみられる。当時の〈権貴の家〉は,家符・家牒など家の文書を発し,家印を用い,家の使いを下して家領を経営した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

か‐りょう ‥リャウ【家領】
〘名〙 家の領地。けりょう。
※高野本平家(13C前)四「代々相伝の家領(カリャウ)を奪ふといへども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐りょう ‥リャウ【家領】
〘名〙 家に伝わる所領、荘園。家の領地。かりょう。
※殿暦‐嘉承元年(1106)一一月一〇日「故高倉宮荘園に家政所下文皆悉令成、其詞云、可家領者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家領の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation