@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【いえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


いえ
島崎藤村長編小説。上下2巻。 1910~11年発表。『若菜集刊行翌年の 1898年から 1910年にいたる生活記録で,作者生家である島崎家と長のとついだ高瀬家という,ともに由緒ある旧家没落してゆく過程をたどりながら,家父長制家族制度の因習儀礼が,それに縛られて生きる人々の運命をいかに狂わせていったかを描いている。日本の「家」の構造を外から傍観的にとらえるのではなくて,人間関係の内部から息苦しいまでに緻密な描写文体で写し取っている。自然主義リアリズムの頂点を示す傑作である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


いえ
日本において家族生活の場であり,伝統的な社会の構成単位である親族集団をいう。語源「いへ」の「へ」はヘッツイ (かまど) のこと。火をともにする集団を意味した。近世までには,家父長の統制下で家業を営み,家計をともにする生活共同体となり,また家産を所有する主体となった。家紋,家印,家憲などのシンボルもち,家の論理は個人に優先される。また,近代家族が結婚で成立し,他出,死亡で消滅するのに対し,家は構成員の生死をこえ,家産,家業,家名などの継承によって一系的に存続すべきものとされる。近年実質がなくなり,家族の同義語とみなされることも多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いえ〔いへ〕【家】
人の住むための建物。すまい。家屋。「を建てる」
自分の住んでいる建物。うち。自宅。「あすはにいます」「友人をに招く」
夫婦・親子・兄弟など血縁の近いものが生活を共にする小集団。家庭。所帯。「結婚してを構える」「を切り盛りする」「貧乏な
祖先から代々続いてきた血族としてのまとまり。また、その伝統的な名誉や財産など。家名。家督。「を継ぐ」

㋐家族集団の置かれている社会的地位。家柄。「学者のに生まれる」
㋑特に、よい家柄。
「愚かにつたなき人も、―に生まれ、時にあへば」〈徒然・三八〉
民法旧規定における家制度で、戸主の統轄のもとに、戸籍上一家をなしている親族の団体。
妻。
「左大臣の―、昔よりよろしからず心聞こゆる人なり」〈宇津保・忠こそ〉
出家に対して、在家。在俗。
「―にあり、人に交はるとも」〈徒然・五八〉
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いえ【家】[書名]
島崎藤村小説。明治43~44年(1910~1911)発表。作者自身をモデルに、主人公三吉の生家小泉家と姉の婚家橋本家の、二つの旧家の退廃と没落の歴史を描く。日本自然主義文学の代表作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か【家】
[接尾]名詞に付く。
そのことに従事している人であることを表す。「咄(はなし)」「革命」「芸術」「起業
そうした性向の強い人、また、そういう状態にいる人であることを表す。「愛妻」「情熱」「努力」「好事」「財産

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か【家】[漢字項目]
[音](漢) (呉) [訓]いえ や うち
学習漢字]2年
〈カ〉
人の住む建物。「家屋家宅人家農家廃家民家隣家
血縁集団の生活の場としての家。一家。一族。「家事家政家族家庭家風旧家国家婚家実家主家生家檀家(だんか)貧家名家
自分の家の。「家兄家厳家父
その道を専門にする人。一事に秀でた人。「画家作家儒家諸家書家大家兵家専門家
そうした性向の強い人。そういう状態にいる人。「厭世家」「健啖家」「金満家」「倹約家
〈ケ〉2に同じ。「家来(けらい)公家(くげ)後家(ごけ)在家出家他家当家武家分家平家本家宮家(みやけ)
〈いえ〉「家柄家路家元
〈や〉「家賃家主借家(しゃくや)平家(ひらや)
[名のり]え・お・やか
[難読]家鴨(あひる)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【家】
[接尾]
姓氏などに付いて、その一族またはその成員であることを表す。「佐藤」「創業
官職・称号などに付いて、敬意を表す。「将軍」「右大臣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ【家】
《「いへ」の音変化》いえ。人家。
「春の野に鳴くやうぐひすなつけむと我が―の園に梅が花咲く」〈・八三七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち【家】
いえ。すまい。多く、格助詞」を付けて「ん家」の形で用いる。「自分」「お前ん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

大野新の詩集。1978年、第28回H氏賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いえ【家】
日本の家も西欧のファミリーも,その基本的機能は成員の生活保障にある。だからこそ血縁者のみでなく,他人もいれる必要がでてくる。英語のファミリーfamilyの原義は家の使用人たちであった。歴史とともに社会が安定し,生活が容易になれば,他人を必要とせず,血縁につながる近親者の小集団に縮小してくる。しかし,家の血縁に対する考え方は国によって違う。家族
【日本】

結合原理としての家――伝統と変容
 日本の場合,血縁尊重ということがよくいわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

いえ【家】
島崎藤村の長編小説。上巻は1910年(明治43)《読売新聞》に連載。下巻は〈犠牲〉ので11年《中央公論》に分載。同年11月刊行の際,最終章を追加。生家の島崎家と姉の嫁ぎ先高瀬家をモデルとして,二つの旧家の頽廃と,その中で〈新しい家〉を築こうと苦闘する主人公,小泉三吉(藤村自身がモデル)の姿を描く。彼がめざす〈家〉は経済的独立と夫婦の相互理解をとするが,それは彼自身の中に生きている旧家の意識や宿命的な血統自覚,妻お雪との相克などに妨げられて実現せず,結局彼は日常生活の惰性にしか夫婦のきずなを見いだすことができない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いえ いへ【家】
[1] 〘名〙
① 人々が寝起きして生活を営んでいるところ。家族などが住んでいるところ。家屋敷、土地などを含んだ空間全体。また、特に自分の住まいとするところ。わが家。
※古事記(712)下・歌謡「妻が伊弊(イヘ)のあたり」
※土左(935頃)承平五年二月一五日「ふねよりひとのいへにうつる」
※徒然草(1331頃)五五「家の作りやうは夏をむねとすべし」
② ①に住んでいる人々。家族。家人。また、自分を含めた一家。家庭。
※万葉(8C後)七・一一九一「妹が門(かど)出で入りの河の瀬を早み吾が馬つまづく家思ふらしも」
③ ①の中で、人が住むために作った建物のみを指す。家屋。屋。
※日葡辞書(1603‐04)「Iyeuo(イエヲ) tatçuru(タツル)〈訳〉家を建てる」
④ 妻。家刀自(いえとじ)
⑤ 先祖から代々伝えてきた家族団体。また、それにまつわるもの。
(イ) 家名・家督・家系をいう場合。
※続日本紀‐天平宝字三年(759)六月一六日・宣命「慈び賜ひ上げ賜ひ来る家なり」
※宇津保(970‐999頃)国譲上「わがいゑつぐべきはこれか」
(ロ) 流儀、芸風などをいう場合。→いえの風(かぜ)
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「是は憚(はばかり)ながら印可は家の秘書。読立まする儀は」
(ハ) 家柄、門地をいう場合。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「家貧しくして、思ふ程にしたてず」
⑥ 得意とするもの。得意芸。お家芸。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)湊「もとより虚(うそ)は我等が家」
⑦ 「いえもと(家元)」の略。「常磐津の家(いえ)
⑧ 「いえぼり(家彫)」の略。
※浮世草子・昼夜用心記(1707)五「目貫は家(イヱ)の連獅子金の無垢」
⑨ 鎧の籠手(こて)の、布帛で仕立てた部分。籠手の袋。
⑩ (「亟」とも) 篳篥(ひちりき)を入れる箱。
※長門本平家(13C前)一六「漢竹の篳篥の色なつかしきを、紫檀のいへに入て」
⑪ (「奩」とも) 鏡を入れておく箱。鏡箱。
※俳諧・曠野(1689)員外「家なくて服裟につつむ十寸鏡〈越人〉」
⑫ 小さい道具類を入れておく箱のこと。茶道では、茶入れその他茶器類の容器。
⑬ 旧民法で、戸主の支配権で統率された戸主と家族との共同生活団体。
[2] 長編小説。島崎藤村作。明治四三~四四年(一九一〇‐一一)発表。封建的大家族制度のゆがみと内部の淫蕩な血のために没落していく二大旧家の二〇年の歴史を描く。
[語誌](1)現代では「家屋」を意味するイエは多く東北地方と近畿以西で用いられ、その中間の関東・中部ではウチの使用が多い。この分布は「家屋」としてのイエはウチよりも古い表現であることを示す。
(2)上代の文献では「家屋」はヤと表現されることが多く、イエ(いへ)はむしろ「家庭」の意味合いが強かった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いわ いは【家】
〘名〙 「いえ(家)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四四二三「足柄の御坂に立(た)して袖振らば伊波(イハ)なる妹は清(さや)に見もかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【家】
〘接尾〙 (「け」は「家」の呉音)
① 官職、称号などの下に付けて、敬意を示す。
※後拾遺(1086)釈教・一一八七・詞書「故土御門右大臣家の女房」
② 姓、氏の下に付けて、その一族またはその成員であることを示す。
※高野本平家(13C前)一「平家(へいケ)も又、別して朝家(てうか)を恨奉る事もなかりしほどに」
③ 宗教、学問などの系統を示す。〔文明本節用集(室町中)〕
④ 家屋、家筋、宗派、学派などの数を数える時に用いる。
※史記抄(1477)一「其に連座せられて、一族を夷(たいらげ)らるる者が七十余家也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち【家】
〘語素〙 「うち(家)」が助詞「の」と熟して変化したもの。「ぼく(僕)んち」「かれ(彼)んち」など。
※子を貸し屋(1923)〈宇野浩二〉五「佐蔵さん、あんたん家(チ)へおいてくれない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ【家】
〘名〙 (「いへ」の変化した語) いえ。人家。→わぎえ(我家)
※万葉(8C後)五・八三七「春の野に鳴くや鶯なつけむとわが弊(ヘ)の園に梅が花咲く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家の関連情報

関連キーワード

常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)アルバート プホルスシキミ酸国連教育科学文化機関

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation