@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宿主の感染防御機構

内科学 第10版

宿主の感染防御機構(感染症総論)
(1)物理化学的・生理学的な防御機能
 角化上皮と落屑による体表面の保護,胃液内の塩酸やDoderlein桿菌の産生する乳酸などによる殺菌・静菌作用,繊毛運動や蠕動運動による異物の排除,咳やくしゃみなどの不随意あるいは随意運動,排尿による洗浄作用など,物理化学的・生理学的な防御機能は,微生物の生体内への侵入を食い止める上できわめて重要であり,その破綻は感染症に直結しうる.一次防御機能ともいえる体表層での防御機能は,微生物の種類を問わず非特異的である.人の体の表面や口腔・鼻腔内,腸管内などには,細菌を中心におびただしい数の微生物が生息している.このような常在細菌叢は,物理化学的・生理学的な防御機能や免疫学的な防御機能が破綻したときなど,それ自身が感染症の原因ともなりうるが,栄養や定着を病原細菌と競合することによって,健常時には防御的に重要な役割を果たしている.
(2)自然免疫による防御機能
 生体内に侵入した細菌などの病原微生物は,好中球やマクロファージなどの貪食細胞によって排除される.貪食作用は生来備わった防御機能で,微生物の種類を問わず基本的に非特異的である.
(3)獲得免疫による防御機能
 獲得免疫による防御機能は,世代をこえて引き継がれることはなく,感染やワクチン接種によって後天的に獲得される防御機能で,抗原特異的である.ウイルスなどの病原体に感染した細胞では,細胞表面に病原体特異的な抗原が提示される.病原体それぞれに特異的な抗原を認識する細胞はリンパ球で,Tリンパ球とBリンパ球が存在する.Tリンパ球は,T細胞受容体を使って特異抗原を認識する.なかでも,ヘルパーTリンパ球(おもにCD4陽性Tリンパ球)は,抗原を認識するとサイトカインなどを放出し,ほかの免疫担当細胞の機能を高める.キラーT細胞(おもにCD8陽性Tリンパ球)は,T細胞受容体を使って抗原を認識し,ウイルス感染細胞などを直接攻撃する.Tリンパ球による防御機能を細胞性免疫という.
 Bリンパ球の表面には抗原特異的な抗体分子が存在し,抗原認識やヘルパーTリンパ球の指令に応じて増殖し,形質細胞に分化する.形質細胞は,いわば抗体産生工場に分化した細胞で,特異抗体を大量に細胞外に放出する.抗体を介した防御機能を液性免疫という.
(4)その他の宿主防御機能
 宿主の防御機能は,基本的に自己と非自己を識別できる能力であり,免疫学の進歩に伴い,さまざまな機能分子が明らかとなっている.また,非自己(異物)への過剰な反応は,サイトカインストームなど宿主に対して攻撃的となる場合がある.[岩本愛𠮷]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

宿主の感染防御機構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿主の感染防御機構の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation