@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宿儺(すくな)かぼちゃ

デジタル大辞泉プラス

宿儺(すくな)かぼちゃ
岐阜県高山市で生産されるカボチャヘチマのような細長い形状で、の白い栗カボチャ。皮は薄く、ホクホクとした食感で、糖度は高い。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

宿儺かぼちゃ[果菜類]
すくなかぼちゃ
東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に高山市丹生川地区で生産されている。古くから、自家用野菜として栽培が続けられていた。現在では、自家採種の利用を制限し、選抜固定化した種子を配布するなどして生産安定化の取り組みがおこなわれている。栗かぼちゃの一種。ヘチマのような形をしており、薄皮甘みが強い。収穫期は8月から10月。2001(平成13)年、両面宿儺伝説にちなんで、宿儺かぼちゃと名づけられた。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿儺(すくな)かぼちゃ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿儺(すくな)かぼちゃの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation