@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宿命【シュクミョウ】

デジタル大辞泉

しゅく‐みょう〔‐ミヤウ〕【宿命】
仏語。前世における善悪・苦楽などの状態。
しゅくめい(宿命)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅく‐めい【宿命】
生まれる前の世から定まっている人間の運命。宿運。しゅくみょう。「海に生きる宿命にある」「つらい宿命を負う」
[補説]書名別項。→宿命

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅくめい【宿命】[書名]
原題、〈イタリア〉Fatalità》イタリアの女流詩人・小説家、ネグリの処女詩集。1892年刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

宿命
仏教用語でいうところの因縁因果であり、生まれながらに定められた変えることのできない資質のこと。出生時間や性別、環境など、個人では選べない種類のものともいえる。様々な解釈思想があるので一概にはいえない。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

宿命
東野圭吾の長編推理小説。1990年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅくめい【宿命】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しゅく‐みょう ‥ミャウ【宿命】
〘名〙 (「みょう」は「命」の呉音)
① 仏語。宿世の生命。前世の生命。過去世での受報の差別・善悪苦楽などの総称。しゅうみょう。
※往生要集(984‐985)大文二「無量宿命之事、如今日所一レ聞、六道衆生之心、如明鏡所見像
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「三明とは、天眼・宿命・漏尽なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅく‐めい【宿命】
〘名〙 (「めい」は「命」の慣用音) 生まれる以前から定まっている運命。宿運。しゅくみょう。〔哲学字彙(1881)〕
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉宿命「宿命は後悔の子かも知れない。━或は後悔は宿命の子かも知れない」
[補注]近代以前は仏語として「しゅくみょう」と読まれていたが、今日一般に用いられる「しゅくめい」とは意味にずれがあり、「しゅくめい」は明治開化期のいわゆる「新漢語」と思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿命」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿命の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation