@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宿場【しゅくば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宿場
しゅくば
宿駅ともいう。江戸時代五街道脇往還において駅逓事務を取扱うため設定された町場をいう。公用人馬継立てのため規定の人馬を常備し,不足のときには助郷を徴した。また公武宿泊休息のため問屋場本陣脇本陣をおいた。これら公用のための労役,業務については利を得なかったが,幕府地子免除,各種給米の支給,拝借金貸与など種々の特典を与え,宿場の保護育成に努めた。ほかに一般旅行者を対象とする旅籠 (はたご) ,茶屋,店舗,市場などが立並び,その宿泊,通行,荷物輸送などで利を得た。宿場を中心に発達した町が宿場町である。幕末には一部疲弊していったところもあるが,鉄道開通まで内陸交通の中心として繁栄したところが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅく‐ば【宿場】
江戸時代、街道の要所要所にあり、旅行者の宿泊・休息のための宿屋・茶屋や、人馬の継ぎ立てをする設備をもった所。宿駅。しゅく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅくば【宿場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅくば【宿場】
江戸時代、宿駅の称。公武の宿泊は問屋場・本陣・脇本陣を、一般旅行者は旅籠はたごを利用した。宿。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宿場
しゅくば
旅行者のための休憩、宿泊の施設や人馬の輸送機関がある集落をいう。

古代~中世

制度化されたものでは、律令制(りつりょうせい)による駅が最初であるが、駅制(駅伝制)が平安時代のなかばに崩れたのちに、宿(しゅく)が発達した。多くは河川、港湾その他水陸の交通の要地にできて、平安時代からすでに遊女も存在していた。淀川(よどがわ)に沿った江口、神崎(かんざき)、蟹島(かにしま)などでは旅人に情を売る遊女が多く、大江匡房(おおえまさふさ)の『遊女記』には「天下第一之楽地也(なり)」と記されている。なかでも京都に近い江口の遊女は教養もあって、貴族の別荘に招かれることもあった。足柄山(あしがらやま)の東麓(とうろく)の宿にも遊女のいたことは『更級日記(さらしなにっき)』で知られる。平安末期からは美濃(みの)の青墓(あおはか)、三河の池田、相模(さがみ)の大磯(おおいそ)などには、宿を統轄する宿の長者が現れ、身分的には武士に属したようで、その地の有力者であった。遊女のなかには身分の高い者の娘や教養の深い者もいた。鎌倉幕府では東海道の宿ごとに早馬(はやうま)を置いたり人夫を常備させたりしたので、宿が休泊や運輸・通信の機能を備え、令制の駅のように公用旅行者を第一対象としていたことが知られる。しかし旅行者が増加するにつれて、繁栄した宿場もあって、浜名湖西岸の橋本宿には多数の遊女もいて、源頼朝(みなもとのよりとも)が1190年(建久1)に上洛(じょうらく)したときには、その宿所に群参し、頼朝は贈り物を与えたり、ともに連歌(れんが)を行ったりした。その一方、平安末期から上皇や貴族が頻繁に参詣(さんけい)していた熊野への道は、和泉(いずみ)から紀伊にかけて若干の宿があった程度で、馬匹の供給や宿泊施設は不十分であった。南北朝から室町時代へかけては戦乱状態が続いたが、その間にも地方都市が発達し、その間をつなぐ交通路や伝馬の制も発達したが、宿場としてはとくに著しい進歩はなかった。[児玉幸多]

近世


宿場町の発達
江戸時代の東海道、中山道(なかせんどう)、美濃路の多くの宿場は、戦国時代の間に成立していた。商人の活躍によって、交通の要地には問(とい)または問丸(といまる)とよばれる運輸業者兼倉庫業者が現れ、伊勢(いせ)参宮者や巡礼などが増えるにつれて、社寺の門前町も発達した。小田原北条、武田、今川、上杉などの領内には伝馬制が整備されて、飛脚の制も発達し、海運の発達につれて、津軽の十三湊(とさみなと)、越前(えちぜん)の敦賀(つるが)、三国(みくに)、瀬戸内の赤間関(あかまがせき)、門司(もじ)その他の港町の成立もみられた。これらの門前町や港町には旅宿もでき、ときには遊女もいて、近世の宿場町の形態に近づいてきた。宿場が急速に発達したのは江戸幕府になってからで、徳川氏は1601年(慶長6)以来、東海道、中山道などに宿を置いてこれをしだいに整備し、寛永(かんえい)(1624~1644)ごろには主要街道の宿は成立し、1659年(万治2)からは道中奉行(どうちゅうぶぎょう)を置いて五街道などの主要街道を管理させた。その他の街道には、そこを支配する領主が類似した制度をたてて交通の便を図った。[児玉幸多]
宿場の任務と宿役人
宿は駅ともよばれ、宿場ともいう。宿場の任務は、旅行者やその荷物を運搬し、あるいは幕府公用の書状を運ぶために、一定数の人馬を用意しておくことと、宿泊や休憩のために旅籠屋(はたごや)や茶店などを設けておくことなどであった。宿場は古くからの交通の要地がそのまま用いられたところもあれば、城下町の一部が伝馬町に指定されて宿となることもあり、新しく住民を集めて宿場をつくったこともある。宿の多くは街道に沿って地割をし、そこに住む者が人馬を提供する義務を負った。そこを伝馬屋敷という。馬を出す屋敷と作業員を出す屋敷とは1年交代でかわっていたが、やがて人馬が出せなくなると、代金で納めるようになり、間口に応じて出すことも行われた。その代金で人馬の請負人から買い上げたのである。この人馬のことを扱うのが問屋で、宿役人の長で、その下に年寄(としより)という補佐役がいて、問屋の家の一部である問屋場へ出勤をし、帳付(ちょうづけ)(書記)や人馬指(じんばさし)(人馬に荷物を振り当てる者)などを指図して、継立(つぎたて)業務を行った。問屋は1宿に2人または3人いたところもあり、その場合には1か月のうち半月交代とか10日交代に勤めた。大名の休泊のために設けられたのが本陣(ほんじん)・脇本陣(わきほんじん)で、1宿に数軒あることもあり、門、玄関、書院などを設けていた。本陣・脇本陣では大名や公家(くげ)などの休泊のないときには一般旅行者を泊めていた家も多い。一般旅客は旅籠屋に泊まったが、江戸時代初期には食糧を携帯していて、燃料だけを買って煮炊きする木賃宿(きちんやど)が普通で、17世紀末ごろには食事を提供する旅籠屋が一般的になった。1843年(天保14)の調べによると、東海道では熱田(あつた)が248、桑名(くわな)が120、岡崎が112軒で、品川、小田原、浜松、四日市が90軒を超えている。旅籠屋には食売女(めしうりおんな)(飯盛女(めしもりおんな))を置くものもあり、それを食売旅籠屋、置かないのを平旅籠屋(ひらはたごや)といった。食売女のいる宿場には宿泊者も多くなったので、道中奉行も宿の経営のために、それを許可した場合がある。ことに江戸出口の品川、板橋、千住(せんじゅ)、内藤新宿には多数いて、ほとんど遊廊(ゆうかく)に異ならなかった。旅人の休息のためには茶屋があり、昼食などを提供したが、宿泊はさせない規定であった。また旅人に必要なわらじや土地の産物を売る店屋もあった。宿場と宿場の中間には、間(あい)の村、間の宿などと称して、茶店などがあって、旅行者の休息するところもあったが、幕府では宿場を保護するために、間の宿での宿泊を禁じていた。幕府役人のごとき公用旅行者は人馬賃銭も旅籠銭も安い公定のものを払うにすぎなかったので、宿場は参勤交代の大名や一般旅行者からの収入によってその補いとしたが、幕末になって対外事情や国内情勢が逼迫(ひっぱく)するにつれて、公用旅行者が多くなり、宿場はその負担に耐えかねるようになった。[児玉幸多]
『大熊喜邦著『東海道宿駅と其の本陣の研究』(1942・丸善) ▽新城常三著『新編社寺参詣の社会経済史的研究』(1982・塙書房) ▽丸山雍成著『近世宿駅の基礎的研究 第1・第2』(1975・吉川弘文館) ▽児玉幸多著『宿駅』(1960・至文堂) ▽大島延次郎著『日本交通史概論』(1964・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅく‐ば【宿場】
〘名〙 街道の要所要所にあって、旅人を泊めたり、人夫や馬の継立をしたりする設備を整えた所。宿駅。
※御触書寛保集成‐二二・享保三年(1718)一〇月「新宿之儀に候間、向後古来之通宿場相止、家居等も常々百姓町屋にいたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

宿場
しゅくば
江戸時代,五街道や脇街道その他にあり,駅伝業務を担当した交通集落
宿駅ともいう。問屋場は交通業務を扱い,本陣・脇本陣は諸大名や幕府の公用者などの宿泊にあたり,ほかに一般の旅籠 (はたご) ・茶店もあった。駅伝のため人馬を常備したが,不足のときは助郷 (すけごう) を集めた。明治時代に入り鉄道開通後衰えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation