@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宿屋【ヤドヤ】

デジタル大辞泉

やど‐や【宿屋】
旅客を宿泊させることを業とする家。旅館。
泊まっている家。
「―の中門に走り上りて」〈太平記・三八〉
揚屋(あげや)
「―はどれへおこしなされますといふが」〈浮・一代女・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やどや【宿屋】
〈宿屋〉は単に宿泊所をさす場合もあったが,一般には旅人を宿泊させることを営業目的とする施設をいい,現在日本では旅館とほぼ同義語である。古代には駅伝制施行で日本にも公用の宿泊施設として駅家うまや)が設けられたが,これは営業を目的とするものではなかった。宿屋の発生は平安時代にさかのぼると思われるが,交通網の発達とともに私的営業の宿泊施設が全国的に整備されていくのは,近世にいたってからである。江戸時代には武家貴族など貴人用の本陣脇本陣,一般庶民用の旅籠はたご)があり,これらは本陣を除いて賄付き(まかないつき)であったが,いっぽう賄いが付かず宿泊人が自炊する木賃宿(きちんやど)があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しゅく‐や【宿屋】
〘名〙 瓦ぶきまたは板ぶき屋根の家のことを越前地方でいう。駅路の家だけが美観や防火のためにそうしていたのでこの名がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やど‐や【宿屋】
〘名〙
① 泊まっている家。宿泊所。
※今昔(1120頃か)二五「歩兵等、楯の外の宿屋を焼く」
② 旅客を宿泊させて営業する家。旅館。はたごや。
※雑俳・花笠(1705)「とめてをく宿屋の帳の国づくし」
③ 遊郭で、置屋から遊女を呼び寄せて遊興する家。揚屋(あげや)。〔評判記・色道大鏡(1678)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宿屋
やどや

旅館

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation