@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宿老【しゅくろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宿老
しゅくろう
いて経験を積んだ人。宿徳老成の人をいい,もと職名の称ではなかったが,鎌倉幕府評定衆引付衆室町幕府の評定を称するようになり,戦国大名のもとでは重臣を,江戸幕府では老中を,諸藩では家老をいった。また,江戸時代の町内の年寄役,郷村や漁村における指導的地位にあるものなども宿老と呼ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅく‐ろう〔‐ラウ〕【宿老】
年老いて経験を積んだ老巧な人。耆宿(きしゅく)。「財界の宿老
武家の重臣。鎌倉・室町幕府の評定衆(ひょうじょうしゅう)引付衆(ひきつけしゅう)や、江戸幕府の老中諸大名家老など。
江戸時代、町内の取り締まりに当たった町内の年寄役。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅくろう【宿老】
おとな〉とも発音され,前近代社会において集団の指導者をさす用で,公家武家僧侶商人村人町民の各組織には宿老がいた。とくに中世の都市や村落において共同体組織の中心的人物をさす用語としては著名で,1471年(文明3)の近江国菅浦荘の惣荘置文案に,時の宿老20人の署名がある。この宿老は菅浦荘を構成する上乙名,中老,末の若衆のうちの上乙名に該当し,〈おとな〉と通称されていた。狂言《末広がり》に〈上座にござるお宿老へ,末広がりを進上申そうと思うが〉とあり,参会した一族衆の中での宿老の立場が明確にされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宿老
しゅくろう

元来は経験を積み、徳を備えた老人の意。鎌倉幕府の評定衆(ひょうじょうしゅう)や引付衆(ひきつけしゅう)に多く年功の者が任じられたところから彼らを宿老と呼称。室町幕府では評定衆、引付衆(内談衆)らの別称として用いられた。江戸幕府の老中も初期においては年寄衆とか宿老衆と呼称されることが多かった。また大名家の重臣、中世末期の郷村(ごうそん)の代表者や近世の町の名主(なぬし)・年寄役、鯨猟(くじらりょう)の勢子船(せこぶね)の指揮者などの称としても用いられた。

[松尾美恵子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しく‐ろ【宿老】
〘名〙 「しゅくろう(宿老)」の変化した語。
※かた言(1650)三「宿老を しくろう しくろいかが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅく‐ろ【宿老】
〘名〙 (「しゅくろう(宿老)」の変化した語) =しゅくろう(宿老)
※雑俳・ぬり笠(1697)「笑ひけり・宿老の咄いやながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅく‐ろう ‥ラウ【宿老】
〘名〙
① 経験が豊かで物事に詳しい老人。年功を積んだ老巧な人。長老。耆老(きろう)。耆宿(きしゅく)
※菅家文草(900頃)二・北堂澆章宴後、聊書所懐、奉呈兵部田侍郎「何更先談聞宿老、自然後幾発雲孫
※今昔(1120頃か)一三「餝(かざれる)馬に乗れる宿老の上達部と思しき人、聖人の奄(いほり)に来る」 〔新唐書‐李嶠伝〕
② 武家の重臣。鎌倉・室町幕府の評定衆や引付衆、室町幕府の幕閣を構成した有力守護大名、また、守護大名や戦国大名家の重臣層、さらに足利一二代将軍義晴の側近として重きをなした内談衆など、幕府や大名の意志決定に参画した合議機関の構成員。江戸時代には幕府の老中、諸侯の家老などをいう。宿老衆。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)一一月四日「常胤・広常・義澄・実平已下宿老之類、凝群儀
③ 鎌倉・室町幕府の奉行衆の上首。
※沙汰未練書(14C初)「所務沙汰とは〈略〉又開闔執筆は、奉行中宿老、引付細々事記録仁也、又公文とも云也」
④ 中世、郷村の代表格で、村落結合の維持のために諸事の指導にあたった者。古老百姓ともいった。階層的には乙名(おとな)・番頭などに相当するが、それよりも広い意味で使われる一般的な称呼であった。宿老衆。
※東大寺文書‐(年月日未詳)(鎌倉初)大和長瀬荘百姓等解案「次第即庄内宿老者、見知明白也」
⑤ 江戸時代、町内の年寄役。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「町の宿老(シュクラウ)出来りていましめいさめらるるやう」
⑥ 村落の若者組の内部の年長者の役名。また、老年組の内部の役名。
⑦ 昔の鯨猟で、勢子(せこ)船に乗って指揮をつかさどった年長者。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿老」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿老の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation