@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寂室元光【じゃくしつ げんこう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

寂室元光 じゃくしつ-げんこう
1290-1367 鎌倉-南北朝時代の僧。
正応(しょうおう)3年5月15日生まれ。臨済(りんざい)宗。約翁徳倹(やくおう-とっけん)の法をつぐ。元応2年(1320)元(げん)(中国)にわたり,中峰明本(ちゅうほう-みんぽん)らに師事。帰国後,25年間にわたって隠棲(いんせい)。のち近江(おうみ)守護六角氏頼(うじより)にまねかれ,永源寺開山(かいさん)となった。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年9月1日死去。78歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。俗姓は藤原。諡号(しごう)は円応(えんのう)禅師。著作に「永源寂室和尚語録」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

じゃくしつげんこう【寂室元光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寂室元光
じゃくしつげんこう
(1290―1367)
南北朝時代の臨済(りんざい)宗の僧。美作(みまさか)(岡山県北部)の人。俗姓は藤原氏。約翁徳倹(やくおうとくけん)(1245―1320)の印可を受け、1320年(元応2)入元。中峰明本(ちゅうほうみんぽん)(1263―1323)、古林清茂(くりんせいも)(1262―1329)、清拙正澄(せいせつしょうちょう)らに参じ、1326年(嘉暦1)帰朝。俗塵(ぞくじん)を避けて25年間幽居したが、請われて諸寺に住し、1361年(正平16・康安1)近江(おうみ)(滋賀県)の佐々木氏頼(ささきうじより)(1326―1370)の請いにより永源寺(えいげんじ)の開山となった。声望高く、参ずる者2000人に及んだといわれる。1367年(正平22・貞治6)78歳で示寂。勅諡(ちょくし)は円応禅師(えんのうぜんじ)。『永源寂室和尚(わじょう)語録』2巻がある。[中尾良信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

寂室元光 (じゃくしつげんこう)
生年月日:1290年5月15日
鎌倉時代後期;南北朝時代の臨済宗の禅僧
1367年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゃくしつ‐げんこう ‥ゲンクヮウ【寂室元光】
鎌倉末期~南北朝時代の臨済宗の僧。諡(おくりな)は円応禅師。美作(岡山県)の人。元応二年(一三二〇)中国に渡り、中峰明本に学んだ。帰国後、長く世に隠れていたが延文五年(一三六〇)永源寺の開山となった。正応三~貞治六=正平二二年(一二九〇‐一三六七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寂室元光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寂室元光の関連情報

関連キーワード

浅原為頼浅原為頼ハルジー朝ハルジー朝ハルジー朝月堂円心五条頼元大智無雲義天五条頼元

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation