@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寂寞【ジャクマク】

デジタル大辞泉

じゃく‐まく【寂×寞】
[名・形動]ひっそりしていてさびしいこと。また、そのさま。せきばく。
「何となく斯う―な瞑想に耽って居るようで」〈藤村破戒
[ト・タル][文][形動タリ]さびしく、静かなさま。
「路上の小砂利が―とした光の中に」〈二葉亭訳・片恋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき‐ばく【寂×寞】
[ト・タル][文][形動タリ]
ひっそりとして寂しいさま。じゃくまく。
「人居を遠く離れた―たる別世界にも」〈柳田・山の人生〉
心が満たされずにもの寂しいさま。じゃくまく。
「斯ういう―たる団欒(だんらん)の中に」〈漱石行人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゃく‐まく【寂寞】
〘名〙 (形動ナリ・タリ) (「じゃく」「まく」はそれぞれ「寂」「寞」の呉音) ひっそりとしてものさびしいこと。また、そのさま。せきばく。
※梁塵秘抄(1179頃)二「寂まく音せぬ山寺に、法華経誦して僧居たり」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)立石寺「佳景寂寞(じゃくまく)として心すみ行のみおぼゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき‐ばく【寂寞】
〘形動タリ〙 ひっそりとしてものさびしいさま。寂歴。じゃくまく。
※懐風藻(751)和藤江守詠裨叡山先考之旧禅処柳樹之作〈麻田陽春〉「寂寞精禅処。俄為積草
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「声のみ高き深山辺(みやまべ)は、寂寞(セキバク)として物もなし」 〔楚辞‐遠遊〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寂寞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寂寞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation