@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寂蓮【じゃくれん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寂蓮
じゃくれん
[生]?
[没]建仁2(1202).7.20. 京都
平安時代末期~鎌倉時代初期の歌人。僧俊海の子。俗名,藤原定長。伯父の藤原俊成の養子となり,官は中務少輔となったが,応保2 (1162) 年定家が誕生したので家督を譲って出家し,寂蓮と称した。以後歌道に専念し,和歌所寄人となり,『新古今和歌集』の撰者にもなった。勅撰集に 117首入集。能書家という伝称はないが,書は江戸時代に古筆として愛好され,切目王子社,滝尻王子社などで詠んだ『熊野懐紙』や消息が現存する。このほか『右衛門切』『元暦校本万葉集巻六』『西本願寺三十六人集兼輔集』『田歌切』など,寂蓮筆と伝称される書跡があるが確証はない。家集『寂蓮法師集』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゃくれん【寂蓮】
[1139ころ~1202]平安後期・鎌倉初期の歌人俗名、藤原定長。俊成養子、のち出家。新古今集撰者の一人となったが、撰なかばで歌集に「寂蓮法師集」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

寂蓮 じゃくれん
1139?-1202 平安後期-鎌倉時代の僧,歌人。
保延(ほうえん)5年?生まれ。俊海の子。伯父藤原俊成(としなり)の養子となり,承安(じょうあん)2年(1172)ごろ出家。西行,寂然(じゃくぜん)らとまじわり,後鳥羽院(ごとばいん)歌壇で活躍し,和歌所の寄人(よりゅうど)になる。「千載和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集に117首のる。家集に「寂蓮法師集」。「新古今和歌集」の撰者(せんじゃ)にえらばれたが,撰進に先だち建仁(けんにん)2年の7月20日ごろ死去。64歳? 俗名は藤原定長。
【格言など】村雨の露もまだ干ぬまきの葉に霧立ちのぼる秋の夕暮(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

じゃくれん【寂蓮】
?‐1202(建仁2)
鎌倉初期の歌僧。俗名藤原定長。叔父俊成の養子となり,従五位下中務少輔に昇るが,俊成の実子誕生を機に30歳代で出家し,歌道に精進。御子左(みこひだり)家の中心歌人として活躍し,《六百番歌合》での顕昭との〈独鈷鎌首(とくこかまくび)論争〉は有名。《新古今集》撰者となるが,撰進前に死没した。《千載集》以下の勅撰集に,〈村雨の露もまだひぬ槙の葉に霧たちのぼる秋の夕暮〉(《新古今集》)など117首入集。【上条 彰次】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゃくれん【寂蓮】
1139?~1202 鎌倉初期の歌人。俗名、藤原定長。醍醐寺阿闍梨俊海の子。一時、叔父俊成の養子。反六条家の新派歌人として活躍。和歌所の寄人よりうどとなり、新古今集撰者の一人となったが、完成前に没。千載集以後の勅撰集に一一七首入集。家集「寂蓮法師集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

寂蓮
じゃくれん
(1139ころ―1202)
平安後期・鎌倉初期の歌人。本名藤原定長。父は醍醐寺(だいごじ)の阿闍梨(あじゃり)俊海。父の出家後、藤原俊成(しゅんぜい)の養子となったが、のち辞して出家。西行に倣い諸国行脚をするとともに歌人としても活躍した。御子左(みこひだり)家の一員として九条家歌壇に属していたが、後鳥羽院(ごとばいん)による新古今歌壇形成とともに、活躍はさらに目覚ましく、1201年(建仁1)和歌所寄人(よりゅうど)に、ついで『新古今和歌集』の撰者(せんじゃ)に選ばれたが、翌年没し、選歌は上進していない。「六百番歌合(うたあわせ)」のおりの六条家の顕昭(けんしょう)との論争(独鈷鎌首(とっこかまくび)の争い)、三夕(さんせき)の歌「さびしさはその色としもなかりけりまき立つ山の秋の夕暮」で知られる。家集に『寂蓮法師集』がある。[後藤重郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゃくれん【寂蓮】
平安最末期から鎌倉前期にかけての歌人。僧侶。俗名藤原定長(さだなが)。父は俊成の兄弟、醍醐寺阿闍梨俊海。俊成の養子となり、のちに出家。「新古今和歌集」の撰者の一人となったが、撰なかばで没。優艷で技巧的な歌風。狂歌も得意だった。家集に「寂蓮法師集」。保延五年頃~建仁二年(一一三九頃‐一二〇二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寂蓮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寂蓮の関連情報

関連キーワード

バルデマー(2世)藤原俊成女スベッレカヌート6世スベッリ・シグルソン源頼家源頼家県の財源不足円爾

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation