@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寂蓮【じゃくれん】

旺文社日本史事典 三訂版

寂蓮
じゃくれん
?〜1202
平安末期・鎌倉初期の歌人
伯父藤原俊成の養子となったが,定家出生により出家。『新古今和歌集』の撰者の一人。すぐれた技巧によってただようような叙情性をうまく定着させている。家集に『寂蓮法師集』1巻。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寂蓮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寂蓮の関連情報

関連キーワード

寂蓮バルデマー(2世)藤原俊成女スベッレカヌート6世スベッリ・シグルソン源頼家源頼家県の財源不足円爾

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation