@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寄木造【よせぎづくり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寄木造
よせぎづくり
制作上,いくつかの木材はぎ合せて仕上げる方法。定朝により一定の法則が完成された。一木造には大木が必要であるが,寄木造では小木巨像を造ることができ,また仏像需要が増したことにより,1体の像を同時に多数の仏師で能率的に制作するため,平安時代中期頃から始った。重量が軽くなり,木の狂いがないなどの利点もあり,以後はほとんどこの方法で造像されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よせぎ‐づくり【寄(せ)木造(り)】
木彫仏の造像技法の一。頭部・胴身部からなる主要部を二材以上の木を寄せ合わせて造るもの。定朝(じょうちょう)が完成。→一木造(いちぼくづく)り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よせぎづくり【寄木造】
木彫像の主要部分を複数の材から作る技法およびその構造をいう。主要部分を一つの材で作る一木造に対応する語である。像の根幹部分である頭,体が前後の二材で寄せ合わされた〈前後矧ぎ(はぎ)〉,左右二材を矧ぎ付けた〈正中(せいちゆう)矧ぎ〉,前後左右に田の字型に四材を矧ぎ付けたもの,さらにそれ以上の材を用いるものなどがある。像の根幹部を複数の材で作ることは白鳳時代中宮寺弥勒菩薩像に例があるが,これは特異な木寄法である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寄木造
よせぎづくり
木彫仏の主要部分に複数の材を用いた像、またはその構造。一木(いちぼく)造でも、腕や坐像(ざぞう)の膝(ひざ)などの付加的部分は別材を継ぐのが普通だが、寄木造は頭や胴などの主要な躯幹(くかん)部を計画的な規則正しい用法(木寄(きよせ)法)によって、前後または左右に二材、あるいは前後左右の田の字形に四材を継ぎ合わせて構成したものである。木寄法の完成者と伝えられる仏師(ぶっし)定朝(じょうちょう)作の平等院鳳凰(ほうおう)堂の阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像(1053)では、前後左右の四材を頭体のほぼ中央で継ぎ、背面二材のみを首筋で割り矧(は)いでおり、膝は前後二材からなるという典型的な寄木造となっている。寄木造の先駆的技法は、すでに奈良時代前期(白鳳(はくほう)時代)の中宮寺弥勒菩薩(みろくぼさつ)像にみられるが、これが多用されるようになるのは一木造全盛期を経た11世紀初めごろからで、12世紀には簡便化が進んで細かい材を組み合わせるようになり、鎌倉時代には、それまで割矧(わりはぎ)によって頭部と胴部を離していたのを、頭部だけ別材にして胴部に差し込む方法(差首(さしくび))がとられるようになった。
 寄木造はもともと大像の場合に効果があるが、室町・江戸時代になると材の節約のためか小像にまで用いられた。寄木造は、仮組みした材に像の輪郭などを墨入れしたうえで、いったんばらばらに解いて彫刻し、組み上げて仕上げるという方法をとるため、各材を何人かの仏師が担当する人海作戦も可能で、おびただしい造像の注文にも効果的に応ずることができ、さらに、材の肉をごく薄く仕上げることで重量の軽減や干割(ひわ)れを防止できるという特長がある。
 寄木造の基礎は、奈良時代の乾漆像に用いられた木心(もくしん)制作の技法が発展したものとも、中国の造像技術から得たものともいわれるが、日本の寄木技術は中国でさえ及ばないような極度の発達を遂げている。[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よせぎ‐づくり【寄木造】
〘名〙 木像彫刻の制作技法の一つ。仏像などを彫刻する場合、頭部・体躯などの基本部を、二個以上の木材を継ぎ合わせて一体の像に造り上げるもの。⇔一木造(いちぼくづくり)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

寄木造
よせぎづくり
平安中期に完成した仏像彫刻の技法
仏像の各部を別々に彫刻し,内部をくりぬき,組み合わせて一つの仏像をつくる方法。定朝 (じようちよう) がこの簡便な方法を考案し大成した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄木造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄木造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation