@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寄木【ヨセギ】

デジタル大辞泉

よせ‐ぎ【寄(せ)木】
木片や木材を組み合わせること。「寄せ木の床」
いろいろな形の木片を組み合わせ、物の形を作って遊ぶおもちゃ。
寄せ木細工」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

より‐き【寄(り)木】
岸などに流れ寄った流木

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

寄木 (ヤドリギ)
学名:Viscum album var.coloratum
植物。ヤドリギ科の常緑寄生低木,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よせ‐ぎ【寄木】
〘名〙 (「よせき」とも)
① 多くの木片を組み合わせること。また、そのように組み合わせたもの。
※茶道筌蹄(1816)一「三木町棚 江岑紀州三木町滞留中 若党の作なり。桧、樅、杉の寄せ木也」
③ いろいろな形の木片を組み合わせ、建物や器物、簡単な動物の形などをつくって遊ぶおもちゃ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

より‐き【寄木】
〘名〙 水辺に打ち寄せられた流木。
※懐橘談(1653)下「大木百支海上より稲佐浦による件の木御示現有て方尺寄来れり。〈略〉此木を以て我社を造立すべしと示し給ふ。〈略〉是を寄木の造営と申也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation