@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寄生虫症【きせいちゅうしょう】

大辞林 第三版

きせいちゅうしょう【寄生虫症】
寄生虫が体内に侵入して起こす病気の総称。回虫症・肝ジストマ症など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

寄生虫症
きせいちゅうしょう
Parasitosis
(子どもの病気)

 寄生虫症は線虫(せんちゅう)類、吸虫(きゅうちゅう)類、条虫(じょうちゅう)類などが、腸や肝臓、肺、皮下組織などに寄生する病気です。

 線虫類には蟯虫(ぎょうちゅう)回虫(かいちゅう)鉤虫(こうちゅう)があります。生活環境の改善に伴い、ほとんどみられなくなりましたが、蟯虫はまだ少なくありません。

竹内 一夫

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寄生虫症
きせいちゅうしょう
寄生虫病」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄生虫症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄生虫症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation