@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寄進地系荘園【キシンチケイショウエン】

デジタル大辞泉

きしんちけい‐しょうえん〔‐シヤウヱン〕【寄進地系荘園】
開発領主が国司の収奪から逃れるため、その所有地を中央の権門勢家や寺社に寄進することによって成立した荘園。11世紀ごろから多くなり、寄進者はそのまま現地の支配権を認められ、寄進を受けた者は国から不輸・不入の特権を得た。→自墾地系荘園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きしんちけいしょうえん【寄進地系荘園】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

寄進地系荘園
きしんちけいしょうえん
10世紀以後,地方豪族の土地寄進によって成立した荘園
寄進型荘園ともいう。自墾地系荘園に対するもの。地方の開発領主たちは,その所有地に不輸・不入の特権を獲得し,国司の干渉を防ぐため,中央の権門勢家にその所領を寄進し,自分は預所職など荘官的な名目で実質的な土地支配権を留保する方法をとった。寄進地系荘園は10世紀ごろから急速に増加した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寄進地系荘園
きしんちけいしょうえん
荘園」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

寄進地系荘園
きしんちけいしょうえん

荘園

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄進地系荘園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄進地系荘園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation