@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寄進【キシン】

デジタル大辞泉

き‐しん【寄進】
[名](スル)神社や寺院金銭物品を寄付すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きしん【寄進】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寄進
きしん

「物を寄せまいらせる」ことで、社寺に土地や財物を寄付することを意味する。通常、「勧進(かんじん)」に対して用いられる語で、勧進が人に勧めて社寺などに金品を奉納せしめるのに対し、寄進は自ら進んで奉納寄付することをいう。多くの場合、国家の安寧、領内の安全、一門一家の繁栄、一身の出世栄達、さらには仇敵調伏(きゅうてきちょうぶく)などの祈願のために行われた。寄進される財物のことを寄進物といい、太刀(たち)、弓矢、馬をはじめ、さまざまなものが含まれ、のちには、芸人の奉仕出演の上がり高を神社に寄付するということも行われた。寄進に際し、祈願の趣旨を記した文書が添えられるが、これは寄進状、寄付状、あるいは奉納状といわれ、古社寺の経済的研究に重要な資料となっている。

[松本 滋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐しん【寄進】
〘名〙
① 神社や寺院に、金銭や物品を寄付すること。奉納。奉加(ほうが)
※中右記‐元永二年(1119)五月一二日「年来所知山科之散所、治部卿被寄進院事子細可院也」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「我たびたび開帳せしに戸帳かくきれ損じけるを寄進(キシン)に新しく掛かへんといふ」
② 他人に、金銭や物品を与えること。ほどこし。めぐみ。喜捨(きしゃ)
※わらんべ草(1660)四「従金春請取四枚、其外は、我等代に、家へ寄進」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄進」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄進の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation