@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富士川の戦【ふじがわのたたかい】

世界大百科事典 第2版

ふじがわのたたかい【富士川の戦】
駿河国富士川の河口近くで行われた源平の合戦。平維盛を総大将とする平氏の遠征軍は,1180年(治承4)10月18日富士川西岸に布陣した。しかし駿河,遠江の現地平氏方勢力は直前の14日,駿河目代橘遠茂(たちばなのとおもち)に率いられ,富士山西麓の鉢田(はちだ)で武田信義安田義定以下甲斐源氏の軍勢会戦,壊滅していた。もともと兵力,軍粮に不安のあった中央平氏軍の戦意は萎縮するばかりであった。他方源頼朝も,20日には富士川近くの賀島(富士市)まで兵を西進させたが,同日夜半,武田信義軍が平氏軍の背後に進出しようとしたところ,富士沼(浮島ヶ原)に群棲する水鳥がいっせいに舞い上った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

富士川の戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富士川の戦の関連情報

関連キーワード

源平の合戦以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠波多野義常三浦義明

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation