@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富士松魯中【ふじまつろちゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富士松魯中
ふじまつろちゅう
[生]寛政9(1797)
[没]文久1(1861)
新内節の太夫。作詞作曲家。新内節3世家元鶴賀鶴吉の門下で鶴賀加賀八太夫と名のっていたが,天保9 (1838) 年頃鶴賀派を破門された。まもなく,ほとんど絶えていた富士松派 (1世富士松薩摩掾の系統をひく) を再興し,名も富士松加賀太夫魯中と改めた。その際鶴賀派から従来の端物を語ることを禁じられた結果,新作に努力し,『真夢』『膝栗毛 (3段) 』『佐倉宗吾郎』ほか多くの名曲を残した。魯中自身は悪声であったが,作曲にすぐれ,また時代の好みに合せて語り方を渋く格調高くすることによって,新内節の固定化を阻止した。新内節の中興ともいわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふじまつろちゅう【富士松魯中】
新内節富士松派の演奏家。(1)初世(1797‐1861∥寛政9‐文久1) 本名野中彦兵衛。前名は鶴賀加賀八太夫。新内節中興の祖。1829年(文政12)ごろ写し絵入り新内節を語り,翌年浅草船宿に妻とともに夫婦養子に入ったが,38年(天保9)ごろ3代目家元鶴賀鶴吉の娘ひでとの恋愛問題などで破門された。このため都路加賀太夫を名のったが,天保末期には中絶していた富士松家を再興し,富士松加賀太夫魯中と改名,のち俳名の魯中のみを称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

富士松魯中
ふじまつろちゅう
(1797―1861)
新内節中興の祖といわれる新内の太夫。初世。本名野中彦(ひこ)兵衛。鶴賀(つるが)3世家元鶴吉の門弟で前名鶴賀加賀八太夫。天保(てんぽう)(1830~44)初年に江戸・浅草三好町の船宿相良屋(さがらや)へ妻さだと夫婦養子となる。1838年(天保9)3世家元の娘ひでとの恋愛問題で社中に物議をかもして破門され、一時都路(みやこじ)加賀太夫を名のったが、まもなくそのころ中絶状態の富士松派家元を再興して富士松加賀太夫魯中と改名し、後年はもっぱら魯中を称した。このとき鶴賀派より在来の端物(はもの)を語ることを差し止められ、自流を「富士松浄瑠璃(じょうるり)」と称し、俗受けをねらう当時の傾向を忌み、一中(いっちゅう)節をはじめ他流の摂取に努めた。温故知新を標榜(ひょうぼう)して気品のある原点に立ち戻る意欲に燃え、嘉永(かえい)~安政(あんせい)(1848~60)にかけて久留米紫朝(くるめしちょう)といわれた初世富士松紫朝(1827―1902)をはじめ一門高弟の協力により新作に専念し、『真夢(まさゆめ)』『膝栗毛(ひざくりげ)』ほか数多くの傑作を残した。なお、2世は初世の長男福太郎(1852―96)、前名島太夫が1893年(明治26)に継承したが、のちに弟の次男5世加賀太夫没後、6世加賀太夫を襲名している。[林喜代弘・守谷幸則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士松魯中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富士松魯中の関連情報

関連キーワード

ティーク蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島ラグランジュ零梅世知弁・世智弁

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation