@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富士見(市)【ふじみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

富士見(市)
ふじみ

埼玉県南部にある市。1956年(昭和31)鶴瀬(つるせ)、南畑(なんばた)、水谷の3村が合併して富士見村となり、1964年町制施行。1972年市制施行。東武鉄道東上線鶴瀬駅・みずほ台駅・ふじみ野駅があり、国道254号、富士見川越道路(国道254号バイパス)、463号が通じる。武蔵野台地(むさしのだいち)と荒川低地にまたがり中央部を新河岸川(しんがしがわ)が流れる。第二次世界大戦後しばらくは農村地域であったが、昭和30年代後半から、東京近郊という地域的特性も加わって急激に都市化し、公団住宅はじめ住宅地が急増、現在も都市化が進んでいる。江戸時代は新河岸川舟運の河岸場で、市域内には6か所の河岸があり、舟問屋や舟宿が並び、活況を呈した。台地と低地の接点にあるため、縄文時代には海水が入り込み、台地に縄文前期の水子貝塚(みずこかいづか)(国指定史跡)をはじめ貝塚が多い。また南畑には武蔵七党の一つ村山党の灘波田(なんばた)氏館跡がある。面積19.77平方キロメートル、人口10万8102(2015)。

[中山正民]

『『富士見のあゆみ』(1982・富士見市)』『『富士見市史』全9巻(1984~1994・富士見市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士見(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富士見(市)の関連情報

関連キーワード

新藤兼人[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎マキノ雅広野村芳太郎中平康川島雄三ソビエト連邦史(年表)市川崑清水宏

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation