@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富士通(株)【ふじつう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

富士通(株)
ふじつう
コンピュータで世界上位の通信・情報機器メーカー。1935年(昭和10)富士電機製造(後の富士電機)の通信機部門が独立して富士通信機製造を設立。1937年に逓信(ていしん)省の搬送装置指定製造所となり、44年には真空管の製造に着手した。第二次世界大戦後は電話機、交換機の生産や搬送装置のトランジスタ化を進める一方、コンピュータや数値制御装置(NC)の分野に積極的に進出。まず1951年(昭和26)に研究を開始したリレー式コンピュータを54年に完成、1960年以降同分野へ投資を傾注し、65年にIC使用のFACOM(ファコム)230シリーズを発表、1970年代には日立と提携してMシリーズを開発した。この間、アメリカのアムダール社に資本参加しながら、IBM互換機路線を追求して国内のシェアを拡大した。また1956年に日本初の工作機械自動制御装置を完成して以来NC分野でも急成長、1972年に富士通ファナック(現ファナック)を設立、同社は現在世界第1位のNCメーカーの地位を占める。このほか、LSI、ジョセフソン素子、超高速半導体素子HEMTなどの先端素子の研究も活発。最近ではパーソナルコンピュータにも力を入れている。なお1967年から現社名。資本金3246億円(2008)、売上高2兆9791億円(2008)。国内工場は13、海外にも多数ある。[中村清司]
『日本社史全集刊行会編『富士通社史』(1977・常盤書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士通(株)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富士通(株)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation