@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富士銀行【ふじぎんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富士銀行
ふじぎんこう
みずほ銀行前身。元治1(1864)年に安田善次郎日本橋で開業した乾物兼小銭両替商の安田屋がその前身で,慶応2(1866)年に両替専門店として安田商店改称,1880年合本安田銀行に改組して創業,1912年株式会社に改組して安田銀行と改称。1923年関係銀行合同の母体として保善銀行が設立され,これに前記安田銀行ほか 10行が合併して新たに安田銀行が発足した。1943年日本昼夜銀行,1944年昭和銀行を合併,第三銀行の営業を譲り受ける。1948年富士銀行に行名変更。芙蓉グループの中核的存在として重要な役割を果たして相互に緊密な協調提携関係を樹立。2000年第一勧業銀行日本興業銀行と金融持株会社みずほホールディングスを設立して同社の子会社となり,2002年みずほ銀行とみずほコーポレート銀行に再編された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富士銀行
ふじぎんこう

都市銀行の旧名称。現みずほ銀行、みずほコーポレート銀行。江戸末期に安田善次郎(ぜんじろう)が日本橋に開業した両替商安田屋に由来。1880年(明治13)安田銀行に改組され、その後多くの銀行を合併もしくは系列下に加えてきたが、1923年(大正12)に安田財閥系の主力11銀行が安田銀行を中心に大合同することとなり、日本最大級の銀行となった。第二次世界大戦後、財閥解体に伴い安田一族との関係を離れ、1948年(昭和23)富士銀行に改称して再発足した。丸紅、日本鋼管、日立製作所、日産自動車などとの間に企業集団「芙蓉(ふよう)グループ」を形成、また全国に広がった支店網を基に、積極的な大衆化路線を推進した。公金取扱いにも強く、各地方自治体の指定金融機関となった。国際業務部門にも早くから組織的に力を注いだ。2000年(平成12)9月、第一勧業銀行、日本興業銀行とともに持株会社「みずほホールディングス」を設立。3行は2002年4月、分割および合併により統合・再編し、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行となった。2001年9月末当時、資本金1兆0395億円、預金残高30兆2390億円、譲渡性預金3兆9565億円、貸出残高30兆9508億円。店舗数国内306(出張所、代理店含む)、海外支店・出張所20、従業員数1万2979。

[外山茂樹]

『富士銀行調査部百年史編さん室編纂『富士銀行百年史』(1982・富士銀行)』『富士銀行企画部120年史編纂室編『富士銀行史 1981―2000』『写真で見る「富士銀行の120年」』(2002・富士銀行)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富士銀行の関連情報

関連キーワード

元治エンゲルス太平天国ペドロ[2世]明治維新ロダンエリオット長坂クララノーマン池田屋惣兵衛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation