@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富岡多恵子【トミオカタエコ】

デジタル大辞泉

とみおか‐たえこ〔とみをかタヱこ〕【富岡多恵子】
[1935~ ]小説家詩人。大阪の生まれ。本姓、菅(すが)。詩集返礼」でH氏賞、「物語の明くる日」で室生犀星詩人賞受賞ののち、小説に転じる。「立切れ」で川端康成文学賞受賞。他に「植物祭」「冥途の家族」「ひべるにあ島紀行」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

富岡多恵子 とみおか-たえこ
1935- 昭和後期-平成時代の詩人,小説家。
昭和10年7月28日生まれ。菅木志雄(すが-きしお)の妻。昭和33年詩集「返礼」でH氏賞,36年「物語の明くる日」で室生犀星(むろう-さいせい)賞。小説に転じ,48年「植物祭」で田村俊子賞,49年「冥途の家族」で女流文学賞,52年短編集「当世凡人伝」中の「立切れ」で川端康成文学賞,平成9年「ひべるにあ島紀行」で野間文芸賞。16年芸術院賞。「西鶴の感情」で17年伊藤整文学賞,18年大仏(おさらぎ)次郎賞。才能は多角的で評論,評伝も多数手がけ,戯曲,映画脚本もある。20年芸術院会員。大阪出身。大阪女子大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富岡多恵子
とみおかたえこ
(1935― )
小説家、詩人。大阪市此花(このはな)区伝法(でんぽう)町生まれ。大阪女子大学(現大阪府立大学)英文科卒。在学中、小野十三郎(とうざぶろう)に師事し上梓(じょうし)した第一詩集『返礼』(1957)でH氏賞を受賞、以後『カリスマのカシの木』(1959)、『物語の明くる日』(1960。室生犀星(むろうさいせい)賞)、『女友達』(1964)と詩集を刊行。人称代名詞を多用し、語りの口調に乗せた作品で女性詩人の中心的存在となる。『厭芸術浮世草紙(えんげいじゅつうきよぞうし)』(1970)以後、詩から離れ小説を書き始める。『丘に向ってひとは並ぶ』(1971)と翌年の『仕かけのある静物』は、2期連続芥川(あくたがわ)賞候補となり、『植物祭』(1973。田村俊子賞)、『冥途(めいど)の家族』(1974。女流文学賞)、『立切れ』(1977。川端康成(やすなり)文学賞)と書き継ぎ、小説家として頭角を現す。詩は書かなくなったものの、詩と詩人に対する「生まれ育った場所に対する愛憎半ばする切なき思い」は『さまざまなうた 詩人と詩』(1979)のような評論の形で関心が続く。評伝、脚本、エッセイ、古典芸能論、女性論、翻訳など幅広く活動。長編小説に『砂時計のように』(1981)、『波うつ土地』(1983)、『水獣』(1985)、『逆髪(さかがみ)』(1990)、『水上庭園』(1991)、短編集に『班猫(はんみょう)』(1979)、『遠い空』(1982)、『とりかこむ液体』(1989)、『雪の仏の物語』(1992)、評論・評伝に『漫才作者秋田實(みのる)』(1986)、『西鶴(さいかく)のかたり』(1987)、『とはずがたり』(1990)、『矩形(くけい)感覚』(1993)、『中勘助(なかかんすけ)の恋』(1993。読売文学賞)、『釋迢空(しゃくちょうくう)ノート』(2000)など著書多数。[陶原 葵]
『『詩集 カリスマのカシの木』(1959・飯塚書店) ▽『現代詩文庫15 富岡多恵子詩集』(1968・思潮社) ▽『丘に向かってひとは並ぶ』(1971・中央公論社) ▽『仕かけのある静物』(1973・中央公論社) ▽『植物祭』(1973・中央公論社) ▽『さまざまなうた 詩人と詩』(1979・文芸春秋) ▽『班猫(はんみょう)』(1979・河出書房新社) ▽『砂時計のように』(1981・中央公論社) ▽『遠い空』(1982・中央公論社) ▽『水獣』(1985・新潮社) ▽『西鶴のかたり』(1987・岩波書店) ▽『とりかこむ液体』(1989・筑摩書房) ▽『とはずがたり』(1990・講談社) ▽『富岡多恵子自選短篇集――新家族』(1990・学芸書林) ▽『逆髪』(1990・講談社) ▽『水上庭園』(1991・岩波書店) ▽『雪の仏の物語』(1992・中央公論社) ▽『矩形感覚』(1993・朝日新聞社) ▽『富岡多恵子の発言』全5冊(1995・岩波書店) ▽『ひるべにあ島紀行』(1997・講談社) ▽『大阪センチメンタルジャーニー』(1997・集英社) ▽『富岡多恵子集』全10冊(1998~99・筑摩書房) ▽『中勘助の恋』(2000・平凡社) ▽『釋迢空ノート』(2000・岩波書店) ▽『漫才作者秋田實』(2001・平凡社) ▽『厭芸術浮世草紙』(中公文庫) ▽『波うつ土地 芻狗』『表現の風景』『当世凡人伝』『冥土の家族』(講談社文芸文庫) ▽筑紫哲也著『筑紫哲也対論集 若者たちの大神』(1987・朝日新聞社) ▽麻生直子著『現代女性詩人論――時代を駆ける女性たち』(1991・土曜美術社) ▽水田宗子著『物語と反物語の風景――文学と女性の想像力』(1993・田畑書店) ▽永坂田津子著『隠喩の消滅』(1994・審美社) ▽河合隼雄著『河合隼雄対話集――こころの声を聴く』(1995・新潮社) ▽金子光晴著『下駄ばき対談』(1995・現代書館) ▽古屋健三著『「内向の世代」論』(1998・慶応義塾大学出版会) ▽荒井とよみ著『女主人公の不機嫌――樋口一葉から富岡多恵子まで』(2001・双文社出版) ▽鶴見俊輔著『鶴見俊輔対談集――未来におきたいものは』(2002・晶文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富岡多恵子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富岡多恵子の関連情報

関連キーワード

山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩治安維持法キューカー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation