@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富樫政親【とがしまさちか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富樫政親
とがしまさちか
[生]康正1(1455).加賀
[没]長享2(1488).6.9. 加賀
室町時代の武将。成春の子。幼名,鶴童丸。寛正5 (1464) 年泰高 (政親の大叔父) から加賀国の南半分を譲られたが,応仁の乱に細川方に属して,文明5 (73) 年山名方に属した幸千代と戦って加賀を追われた。その後,本願寺蓮如と結んで戦い,加賀一国を領有した。のち門徒弾圧に転じ,土豪門徒と対立一向一揆と戦ってれ,石川郡高尾城自刃

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とがし‐まさちか【富樫政親】
[1455~1488]室町中期の武将加賀の人。応仁の乱細川氏の東軍に属し、蓮如後援で西軍についた弟幸千代丸を退けて加賀を支配した。のち、本願寺門徒一向一揆争い高尾城に敗死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

富樫政親 とがし-まさちか
1455-1488 室町時代の武将。
康正(こうしょう)元年生まれ。富樫成春(しげはる)の子。寛正(かんしょう)5年加賀(石川県)南半国の守護。応仁の乱では東軍にくみし,文明6年蓮如(れんにょ)の援助をえて西軍の弟幸千代を蓮台寺城の戦いでやぶり,加賀一国の守護となる。長享2年一向宗弾圧に転じたため20万人の門徒による一揆(いっき)(長享一揆)がおこり,6月9日高尾(たこう)城を攻めおとされ自害。34歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とがしまさちか【富樫政親】
?‐1488(長享2)
室町後期の加賀守護。生年は1450年代後期。次郎,富樫介を名のる。62年(寛正3)旧北半国守護成春の死去で家督を,64年大叔父泰高の隠居で南半国守護職を継承。応仁・文明の乱では東軍に属し,西軍の幸千代勢と戦い落したが,74年(文明6)一向衆の支援を得て再入国。一国支配権の認知をめざし,将軍親征の領国外での戦役に従軍し,軍費増大等で88年一揆が勃発。高尾(たこう)城にて自害した。《官地論》は政親の最後の有様を記す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とがしまさちか【富樫政親】
1455?~1488 室町中期の武将。加賀の守護。一向宗門徒を弾圧、加賀一向一揆と戦って、石川郡高尾城で敗死した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富樫政親
とがしまさちか
(1455?―1488)
室町後期の加賀守護。幼名鶴童丸。次郎、富樫介(すけ)。1462年(寛正3)旧北半国守護であった父成春(なりはる)の死去で家督を、64年大叔父泰高(やすたか)の隠居で南半国守護職を継承。応仁(おうにん)・文明(ぶんめい)の乱時には東軍に属し、西軍の幸千代(こうちよ)(弟)勢と戦い、いったん没落。74年(文明6)、吉崎(よしざき)(福井県あわら市)に滞在していた本願寺蓮如(れんにょ)を中心とする一向(いっこう)衆の支援を得て再入国。その後一国支配権の認知を目ざし、将軍足利義尚(あしかがよしひさ)親征の六角(ろっかく)氏征伐に従軍したが、これによる軍費負担の増大などを不満として88年(長享2)一向衆を主体とする一揆(いっき)が勃発(ぼっぱつ)(長享(ちょうきょう)一揆)。この一揆を抑えられず、高尾(たこう)城(金沢市)で自害した。以後富樫氏の勢力は急速に減退していった。一揆のようすを記した『官地(かんち)論』には政親の最期が記されている。[金龍 静]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とがし‐まさちか【富樫政親】
室町後期の武将。加賀半国の守護。成春の子。応仁の乱に細川方に属し、山名方の弟幸千代と争い、一時加賀国を追われたが、本願寺蓮如の助けを得て加賀一国の守護職を回復。のち国内の一向一揆との戦いに敗れ、高尾(たこう)城(金沢市)で自害した。康正元~長享二年(一四五五‐八八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

富樫政親
とがしまさちか
1455?〜88
室町後期の守護大名
1464年,加賀国(石川県)南半国の守護となる。応仁の乱(1467〜77)に細川方に属し弟と争い,蓮如 (れんによ) の助けを得て勝ち加賀一国を支配した。のち一向宗門徒を弾圧し,一向一揆に敗れ,高尾城で自殺した。以後1世紀間,加賀は本願寺の支配下にあった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富樫政親」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富樫政親の関連情報

関連キーワード

宗砌康正膳城サマセット(公)カリクスツス3世タイポグラフィー県埋蔵文化財センターアンジェリコギベルティ享徳

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation