@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富浦【とみうら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富浦
とみうら
千葉県南部,南房総市西部の旧町域。東京湾湾口に位置する。大部分浦賀水道に突出する大房岬に囲まれた小湾に面する丘陵地にある。 1933年町制。 1955年八束村と合体。 2006年富山町,三芳村,白浜町,千倉町,丸山町,和田町と合体して南房総市となった。中世里見氏の所領。近世初頭に江戸幕府直轄地,旗本領地となった。野菜,果樹,花卉の促成栽培酪農が盛ん。ビワ特産。海水浴客の民宿や釣り舟の施設も多い。大房岬を含む海岸一帯は南房総国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富浦
とみうら

千葉県南部、浦賀水道に面する安房郡(あわぐん)にあった旧町名(富浦町(まち))。現在は南房総市(みなみぼうそうし)の西部を占める地域。旧富浦町は1933年(昭和8)町制施行。1955年に八束(やつか)村を合併した。2006年(平成18)、安房郡富山町(とみやままち)、三芳村(みよしむら)、白浜町(しらはままち)、千倉町(ちくらまち)、丸山町(まるやままち)、和田町(わだまち)と合併して市制施行、南房総市となった。地名は豊漁の海であることを願ってつけられた。旧町域の北部は丘陵が海面へ突入して岩石海岸をなし、南の大房岬(たいぶさみさき)に抱かれた湾奥は海水浴場である。海岸をJR内房(うちぼう)線と国道127号が走り、内陸部を富津館山道路が通じ、富浦インターチェンジがある。中世、里見氏の領地となり、1572年(元亀3)に7代義弘(よしひろ)が当地の在地土豪、岡本安泰(やすひろ)の居城であった岡本城を接収して城下町を形成した。江戸時代には幕府の直轄地、旗本領地となった。農業はビワ栽培を中心として花卉(かき)・野菜栽培、米作の複合経営が行われ、沿岸漁業や房州うちわの生産もみられる。夏には内房有数の海水浴場となり民宿が多い。大房岬では県のレクリエーション施設大房岬自然公園が整備され、展望塔、運動広場、キャンプ場などがあり、観光の町としての性格も強い。

[山村順次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富浦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富浦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation