@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富田渓仙【とみたけいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富田渓仙
とみたけいせん
[生]1879.12.9. 博多
[没]1936.7.6. 京都
日本画家。本名は鎮五郎 (しげごろう) 。号は渓仙,久鼓庵。初め狩野派の手ほどきを受け,1896年京都へ出て四条派を学んだ。のち仙崖,与謝蕪村私淑富岡鉄斎傾倒し,また仏画の研究を重ねた。横山大観のすすめで,1915年再興日本美術院の同人となり,南画風の異色ある大作を発表し,自由闊達な独自の画風をつくり上げた。 22年詩人の P.クローデルと親交を結び『皇城十二景』 (1922) ,『四風帖』 (26) などを合作。主要作品『宇治川の巻』 (15,京都市美術館) ,『紙漉き』 (28,東京国立近代美術館) ,『伝書鳩』 (34,京都市立美術館) ,『万葉春秋』 (36,京都国立近代美術館) ,絶筆『嵐峽雨罷』 (36) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とみた‐けいせん〔‐いさを〕【富田渓仙】
[1879~1936]日本画家。福岡の生まれ。本名、鎮五郎(しげごろう)。狩野派・四条派を学び、のち富岡鉄斎に私淑。南画の雅趣根底に自由闊達(かったつ)な画風を示した。作「雷神風神」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とみたけいせん【富田渓仙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とみたけいせん【富田渓仙】
1879~1936 日本画家。福岡県生まれ。狩野派・四条派を学んだのち、南画の精髄を極め、自在な境地に達した。作「雷神・風神」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とみた‐けいせん【富田渓仙】
日本画家。福岡県出身。本名鎮五郎。狩野派・四条派を学んだ後、仙崖禅師に傾倒。また富岡鉄斎に私淑して南画を学ぶ。初め文展に出品、のち院展に転じ同人となり、多くの作品を発表。代表作「御室の桜」「伝書鳩」、画論に「渓仙八十八話」。明治一二~昭和一一年(一八七九‐一九三六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田渓仙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富田渓仙の関連情報

関連キーワード

検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス山田哲人国際連合コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation