@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富田鉄之助【トミタテツノスケ】

デジタル大辞泉

とみた‐てつのすけ【富田鉄之助】
[1835~1916]官僚実業家陸奥(むつ)の人。勝海舟師事幕末に渡米し経済学を学ぶ。外交官として活躍した後、大蔵省に転じ日本銀行設立に参画、初代副総裁となる。のち、総裁に就任するが松方正義蔵相と対立して辞任。その後は東京府知事や横浜火災保険社長などを歴任した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

富田鉄之助 とみた-てつのすけ
1835-1916 明治-大正時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)6年10月16日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士の子。勝海舟にまなび,アメリカに留学。維新後,外務省をへて大蔵省にうつり,明治15年日本銀行設立に参画し副総裁,21年総裁。のち貴族院議員,東京府知事をつとめる。富士紡績,横浜火災保険を創立した。大正5年2月27日死去。82歳。名は実則。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とみたてつのすけ【富田鉄之助】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

富田鉄之助
とみたてつのすけ
(1835―1916)
明治・大正期の実業家。第2代日銀総裁。仙台藩士の四男として仙台に生まれる。勝海舟(かつかいしゅう)の氷解塾に入り、勝の知遇を受け、1867年(慶応3)勝小鹿に従い渡米。69年(明治2)には政府の命によりふたたびアメリカに留学。帰国後一時外務省に勤務したが、大蔵省に転じ、日本銀行の設立に参画、副総裁を経て、88年には総裁に就任。しかし松方正義(まさよし)蔵相と対立して辞任、その後は東京府知事、富士紡績会長、横浜火災保険社長などを歴任した。[杉山和雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田鉄之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富田鉄之助の関連情報

関連キーワード

第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三フランツフランツ歴史小説レーニンゴーゴリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation