@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

富田【とみだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富田
とみだ
三重県北部,四日市市北部の地区。旧町名。江戸時代は東海道に沿う宿場町で,桑名宿,四日市宿間の間 (あい) の宿としてにぎわった。一里塚がその跡をとどめている。現在は漁網紡績を主とする工業地区を形成。三岐鉄道の起点で,JR関西本線,近畿日本鉄道名古屋線,国道1号線が通る交通の要地でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田
とんだ
大阪府高槻市南西部の地区。中世寺内町が形成されたところで,寺院が多く,なかでも存如上人が開基した本照寺は有名。ほかに臨済宗普門寺 (庭園史跡) ,黄檗宗 (おうばくしゅう) 慶瑞寺などがある。古くから酒醸造,菜種油製造が盛んであったが,現在は住宅地区となっている。 JR東海道本線,阪急電鉄京都線の富田駅がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田
とんだ
山口県南部,周防灘に面した周南市新南陽の中心市街地。旧町名。 1953年福川町と合体して南陽町となり,1970年新南陽市の一部となる。 2003年徳山市,熊毛町,鹿野町と合体して周南市となった。山陽道と北部の鹿野に通じる地方主要道の分岐点で,市場町として発展した。徳山とともに石油化学コンビナートを形成し,周南工業整備特別地域の一部をなした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とみた【富田】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とだ【富田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とみた【富田】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

富田
(静岡県菊川市)
美しい日本のむら景観100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とみた【富田】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation