@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寒の内【カンノウチ】

とっさの日本語便利帳

寒の内
(一月五日頃、寒の入り)から節分(二月三日頃)までの期間。大寒(一月二〇日頃)から二月初め頃までが最も寒い。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

かん【寒】 の 内(うち)
一月五日ごろから二月二、三日ごろの、小寒、大寒合わせた約三〇日間。寒中(かんちゅう)。《季・冬》
※俳諧・毛吹草(1638)三「寒(カン)の中 薬喰 声つかふ 酒作 紅粉(べに) 門垢離(かどごり)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「唐の何とかいふ唐人は、寒(カン)の内(ウチ)に筍を掘らうとしたら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒の内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寒の内の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation