@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寒梅粉【かんばいこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寒梅粉
かんばいこ
もち米を蒸したのち,餅生地とし,それを焼いて乾燥させてから粉末としたもの。打ち物,押し物菓子や豆菓子などの製菓原料として使用される。うるち米を用いた並寒梅粉はさらに下級の菓子原料となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんばい‐こ【寒梅粉】
〘名〙 もちごめを蒸して乾燥させ、粉にひいてさらに晒(さら)したもの。少量の水で練って木材を接合するなど、主に接合剤として用いる。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉伸び行く「ふと寒梅粉を切らしてゐたことを思ひ出して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒梅粉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寒梅粉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation