@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寒竹【カンチク】

デジタル大辞泉

かん‐ちく【寒竹】
タケの一種。高さ2~3メートル。紫色を帯び、葉はの先に数枚つく。竹の子は秋に出て、食用生け垣とし、また観賞用に植える。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

かんちく【寒竹】
長野の日本酒。酒名は、10代目当主が御嶽神社への信仰が篤く、「寒霊神」として御嶽山に祀られていることに由来。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒などをそろえる。平成7、10、12、22、24年度全国新酒鑑評会金賞受賞。原料米は美山錦山田錦。仕込み水は八ヶ岳伏流水蔵元の「戸塚酒造店」は承応2年(1653)に創業し、火難による中断を経て10代目当主が文政4年(1821)再興を果たす。所在地は佐久市岩村田。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

寒竹(かんちく)
長野県、合名会社戸塚酒造店の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんちく【寒竹】
冬の竹。
タケの一種。観賞用、また生け垣に植えられる。高さ2~3メートル、径約1センチメートルで、節間はやや紫色を帯び、皮に紫斑がある。秋に筍たけのこが出るので、季節はずれで食用に好まれる。紫竹しちく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

寒竹 (カンチク)
学名:Chimonobambusa marmorea
植物。イネ科の竹,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐ちく【寒竹】
〘名〙
① 冬の竹。寒いときの竹。
※文華秀麗集(818)題光上人山院〈錦部彦公〉「寒竹留残雪、春蔬採旧山」 〔銭起‐哭空寂寺玄上人詩〈銭起〉〕
タケの一種。庭園や生垣などに栽植され、九州には野生も見られるという。稈は群生し、高さ二~三メートル、直六~一〇ミリメートルになる。基部の節からは刺(とげ)状の気根を放射状に出す。葉は枝先に三~四枚ずつつき、長さ六~一五センチメートルになる。秋から冬にかけて竹の子が出、食用とする。
※俳諧・番匠童(1689)一二月「孟宗竹 寒竹 冬 筍あり」
※洒落本・道中粋語録(1779‐80頃)「ヲヤ寒竹(カンチク)の事をお江戸じゃァへんちくといふげだの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寒竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation