@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寛骨【かんこつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寛骨
かんこつ
hip bone
骨盤部分を構成する左右1対の不規則形の腸骨坐骨および恥骨が癒合してできた骨で,これらの癒合部の外側面には寛骨臼という深い関節窩があり,ここに大腿骨頭が入って股関節を形成している。その下方には坐骨と恥骨で囲まれた閉鎖孔と呼ばれる大きながある。左右の寛骨は後方仙骨をはさみ,前方では軟骨性の恥骨結合によって結合し,骨盤を形成する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐こつ〔クワン‐〕【寛骨/×臗骨】
骨盤の左右の壁を形成する左右一対の骨。腸骨座骨恥骨の三つの扁平骨(へんぺいこつ)が癒合してできたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんこつ【寛骨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寛骨
かんこつ
骨盤の左右壁をつくる1対の扁平骨(へんぺいこつ)をいう。古くは(『解体新書』での記載)と書き、「広い骨」の意味であった。古いラテン名では「無名骨」とか「窓のない骨」とよんだ。現在のラテン語学名Os coxaeは「腰の骨」とか「股(また)の骨」の意味をもつ。寛骨は、元来は腸骨、坐骨(ざこつ)、恥骨の3個の骨が癒合してできたものである。この3個の骨は、16~17歳くらいまでは互いに軟骨によって結合しているが、それ以後は完全に化骨癒合し、1個の寛骨となる。腸骨は寛骨の上半部を占め、扇状に広がった扁平状の部分で、この内側面上部はおもに腸を支える。坐骨はその後下部、恥骨は前下部につながる部分である。椅子(いす)に座ったとき、椅子面に接する出っ張った骨の部分は坐骨結節という肥厚部である。坐骨と恥骨とは坐骨下枝と恥骨下枝とによって結合し、閉鎖孔をつくっている。3個の骨の結合部は寛骨外面のほぼ中央部にある椀(わん)状のくぼみである寛骨臼(きゅう)のなかにあたる。寛骨臼には大腿骨頭(だいたいこっとう)が接し股関節(こかんせつ)を構成している。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寛骨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寛骨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation