@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寝台車【シンダイシャ】

デジタル大辞泉

しんだい‐しゃ【寝台車】
夜行列車で、旅客のための寝台を設けた車両。
傷病者用の、寝台を設した自動車

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんだいしゃ【寝台車】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寝台車
しんだいしゃ
sleeping car

旅客が夜間寝て旅行できるよう、座席のかわりに寝台を設けた客車または電車。1930年代後半のアメリカの長距離鉄道開業後、カーテンで仕切った寝台を設けた簡易な寝台車が運行されたが、営業運行が盛んに行われるようになったのは、アメリカの発明家プルマンGeorge Mortimer Pullman(1831―1897)が、客車の中央通路の両側に寝台を設けた開放寝室式(プルマン式)を考案し、製造した1859年以降である。日本での運行は1900年(明治33)4月、山陽鉄道(現在のJR山陽本線)が神戸―徳山間の急行列車に連結したのが最初である。日本国有鉄道(国鉄。現、JR)時代の寝台車は、A寝台車は1人用および2人用の個室式と開放2段寝室式とからなり、B寝台車は、1人用、2人用の個室式、簡易コンパートメント(4人用個室としても利用できる)、開放2段寝室式とからなり、料金や用途にあわせて選択できるようになっていた。

 1956年(昭和31)寝台車のみで編成された特急列車「あさかぜ」が東京―博多(はかた)間を初めて走った。2年後の1958年に車両の外部塗装をそれまでの茶色から青一色にしたのでブルートレインと称され、電源車を連結した冷暖房完備の長距離寝台特急列車として1970年まで増備が続けられた。1975年東海道・山陽新幹線が東京―博多間を走るようになったころから、鉄道の高速化、航空機や夜行バスとの競争などに押されて、運転本数の減少や運転区間の短縮、食堂車の廃止など、しだいに衰退の傾向がみられるようになった。

 このような状況のなかで、1984年にB寝台に初めて簡易コンパートメントが導入された。通路側に仕切りを取りつけ、下段ベッドはソファにもなる個室で、B寝台4人分の料金で個室が利用できるようになった。1987年にはB寝台2人用個室やシャワー室を備えた車両なども登場した。また1988年3月の青函(せいかん)トンネルの開通を機に「北斗星」(上野―札幌)や「トワイライトエクスプレス」(大阪―札幌)が機関車牽引(けんいん)の客車として登場し、A寝台個室をはじめとする各種個室、夜間利用を考慮した座席車両「レガートシート」車などが連結され多様化が進んだ。1998年(平成10)には個室を主体に構成された寝台電車「サンライズエクスプレス」が新製された。これはB寝台個室が中心で、寝台料金がいらないカーペット敷き車も連結され、比較的安い料金で利用できるようになった。一方1999年には「北斗星」を発展させた「カシオペア」が加わり、こちらはすべてA寝台2人用個室で構成され、食堂車も連結されて豪華さを売り物にしていた。しかし、新幹線の延伸による日帰り圏の拡大や高速バスとの競争により、寝台列車は順次廃止された。2017年(平成29)10月時点で、定期寝台列車として運行しているのは「サンライズ出雲(いずも)」(東京―出雲市)および「サンライズ瀬戸」(東京―高松)のみである。また、JR九州はさらに豪華なクルーズトレインとよばれる観光寝台列車「ななつ星 in 九州」を、2013年10月から運行し、同様に、JR東日本は「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」を2017年5月から、JR西日本は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」を同年6月から運行している。これらについては「クルーズトレイン」の項を参照されたい。

[吉村光夫・佐藤芳彦 2017年10月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんだい‐しゃ【寝台車】
〘名〙
① 車内に旅客のための寝台を設備した鉄道の客車。夜行の長距離列車に連結する。
※風俗画報‐二四一号(1901)汐留町「長途旅客の便宜を図り新に寝台車四輛を備へ之を本線の急行列車に連結」
② 病人を運ぶために寝台を設備した自動車。
※由利旗江(1929‐30)〈岸田国士〉砂塵に問ふ「旗江は、さういって、すぐに寝台車を呼ばせた。病院は近所だった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寝台車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寝台車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation