@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寝覚ノ床【ねざめノとこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寝覚ノ床
ねざめノとこ
長野県南西部,木曾川の上流部にある峡谷上松町に属する。木曾川が浸食した深い淵と花崗岩の垂直水平節理に区切られた奇岩に富み,観光地となっている。浦島伝説がある。名勝に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねざめのとこ【寝覚ノ床】
長野県木曾郡上松(あげまつ)町にある木曾川上流の勝地(名)。花コウ岩の方状節理に沿って木曾川が浸食し,屛風岩などの奇岩や大釜,小釜などの甌穴(おうけつ)がある。川幅の狭いところは7mぐらいで,水は巨岩にあたってしぶきを上げて流れる。松の緑と白い岩,エメラルド色の流れは木曾路随一の景として古来有名で,浦島太郎竜宮城はこの下にあるという伝説もある。東岸段丘上の臨川寺からの展望がよい。中央本線上松駅の南2km。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寝覚ノ床
ねざめのとこ
長野県南西部、木曽(きそ)郡上松町(あげまつまち)にある木曽川の景勝地。国指定名勝。木曽川が花崗(かこう)岩の柱状・方状節理に沿って侵食し、深い淵(ふち)をつくる。床(とこ)岩、屏風(びょうぶ)岩、腰掛岩などの岩々や、水の侵食でできた大釜(おおがま)・小釜の甌穴(おうけつ)などがあり、積み木細工のような白い岩、木曽川の清流、周囲の樹木が調和して庭園的な景観をみせる。浦島太郎の伝説があり、竜宮から帰った浦島太郎がこの地に住み着いたが、ある日玉手箱を開いたところたちまち翁(おきな)になり、どこかへ立ち去ったという。地元では竜宮城が寝覚ノ床の下にあるといい、崖(がけ)上には浦島太郎が残したという弁財天を祀(まつ)る臨川寺(りんせんじ)がある。JR中央本線上松駅・木曽福島駅からコミュニティバスの便があり、また中央本線の車窓からも見える。[小林寛義]
『市川健夫著『木曽川』(1973・信濃路)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねざめのとこ【寝覚ノ床】
長野県木曾郡上松町にある木曾川の峡谷。花崗岩の白い柱状節理と水蝕地形の景観で知られる。浦島太郎伝説がある。国名勝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寝覚ノ床」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寝覚ノ床の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation