@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

審美【シンビ】

デジタル大辞泉

しん‐び【審美】
自然や美術などのもつ本当の美しさを的確に見極めること。また、美の本質・現象を研究すること。
「文芸の造詣あるものと―の鑑識あるものとのみ」〈魯庵・「破垣」に就て〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんび【審美】
美醜を見分けること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐び【審美】
〘名〙 美を識別すること。美醜をみきわめ、美の本質を明らかにすること。
※外山正一氏の画論を再評して諸家の駁説に旁及す(1890)〈森鴎外〉序「大森氏が文学歴史的眼睛を審美の光なきやうに云ひしは偏頗なり」
[補注]「美を審(つまびらか)にする」が字義であり、明治時代に、「審美学」という語の広まりによって一般化したものと考えられる。→「しんびがく(審美学)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

審美」の用語解説はコトバンクが提供しています。

審美の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation