@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寮歌【りょうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寮歌
りょうか
旧制の高等学校や専門学校,大学の寄宿寮生徒学生った唱歌旧制高校では原則として生活をするたてまえがあり,この寮生活のなかで各学校,寮ごとに毎年の記念祭に生徒たちの作詞作曲による新作が発表されるようになった。歌詞は一般に青年の夢や理想をうたい上げ,曲は単調で斉唱,高吟に適するものが多い。『ああ玉杯うけて』 (第一高等学校) ,『紅萌ゆる岡の花』 (第三高等学校) や『都ぞ弥生』 (北海道大学予科) などが有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐か〔レウ‐〕【寮歌】
寄宿寮で生活する学生・生徒がともに歌うために作られた歌。一高の「嗚呼玉杯(ああぎょくはい)に花うけて」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうか【寮歌】
旧制高等学校,大学予科,旧制大学などの寄宿寮において学生・生徒たちが歌った唱歌校歌,応援歌などとともに学生歌の一部をなす。しかし,それらの間の区別は定かでなく,寮歌が実質上校歌の代りとなった例や,運動部歌や記念祭歌などが寮歌となった例などがある。寮歌の中ではとくに旧制高等学校のものが代表的であり,総計約2400曲にのぼると推計されている。旧制高校寄宿寮の起源は明治20年代はじめの第一高等中学校(第一高等学校の前身)にさかのぼることができるが,最も古い寮歌は1892年に作られた《雪ふらばふれ ふらばふれ》(落合直文作詞)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょうか【寮歌】
寮の歌。特に、旧制高等学校や大学予科の寮生たちが歌った歌。一高の「嗚呼ああ玉杯に花うけて」や北大予科の「都ぞ弥生」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

寮歌
りょうか
学生歌の一種で、校歌や応援歌と重複するものもある。旧制高等学校、大学予科、旧制大学など往年のエリートクラスの気分をたたえた、リズミカルで、それでいて哀調を帯びた旋律を特徴とし、歌詞は漢詩風のもの、大和(やまと)風のものなど、いずれも青春を謳歌(おうか)する類が圧倒的に多い。しばしば、身体動作を伴ったり、たき火を囲んで感傷的な気分で歌われる。よく知られているものに、第一高等学校の『アムール川の流血や』(1901)、『春爛漫(らんまん)の花の色』(1901)、『鳴呼(ああ)玉杯に花うけて』(1902)、第三高等学校の逍遙(しょうよう)歌『紅萌(くれないも)ゆる丘(おか)の花』(1904)、北海道帝国大学予科の『都ぞ弥生(やよい)』(1912)などがある。なお「日本寮歌祭」は、日本寮歌振興会主催で1961年(昭和36)10月に第1回を開催、以後毎年東京で開かれている。[山口 修]
『旧制高校寮歌保存会編・刊『寮歌は生きている』(1966)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐か レウ‥【寮歌】
〘名〙 学生歌の一つ。旧制の大学・高等学校・専門学校の寄宿寮で生活する学生・生徒が、それぞれの寮でともにうたうために作られた歌。明治中期に始まり、一高の「嗚呼玉杯に花うけて」など有名なものは流行歌となる。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉鉄拳制裁「窓の所に倚りかかって、寮歌を唱ったり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寮歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寮歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation