@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寸志【スンシ】

デジタル大辞泉

すん‐し【寸志】
少しばかりの志。自分の志をへりくだっていう語。「寸志を表す」
心ばかりの贈り物。自分の贈り物をへりくだっていう語。贈り物ののし紙の上などに書かれる。
わずかなさしさわりや不満。
「どうだ、―はあるめえね」〈総生寛・西洋道中膝栗毛

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すん‐し【寸志】
〘名〙
① わずかばかりの、こころざし。少しの気持。また、自分のこころざしをへりくだっていう語。寸心。寸情。微意。
※明衡往来(11C中か)中末「今有此仰。彌動寸志侍」
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)二「且は小松が寸志の忠義とげぬも便なく候へば」 〔梁簡文帝‐奉請上開講啓〕
② 心ばかりの贈り物。ささやかな進物。また、少しばかりのもてなし。自分の贈り物やもてなしをへりくだっていう語。薄謝。
※実隆公記‐文明一六年(1484)一〇月八日「自甘露寺茶湯料寸志事」
③ 誠意のあふれたちょっとした行為やことば。厚意の一端。厚情。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「本蔵殿の寸志(すンし)により、敵地の案内知たる上は、泉州堺の天河屋儀平方へも通達し」
④ ちょっとしたさしさわり。また、ちょっとした疑問の気持。文句。手ぬかり。
※人情本・花筐(1841)三「『お湯は沸いてゐますかエ』『そりャア寸志(スンシ)はねえわナ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寸志」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寸志の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation