@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寺主【テラシ】

デジタル大辞泉

てら‐し【寺主】
《「てらじ」とも》三綱(さんごう)の一。寺院庶務雑事をつかさどる役職。じしゅ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐しゅ【寺主】
三綱(さんごう)の一。寺の雑事をつかさどる。てらし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じしゅ【寺主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

てらじゅ【寺主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じ‐しゅ【寺主】
〘名〙 三綱(さんごう)(=上座・寺主・都維那)の一つ。寺中の庶務、雑事をつかさどる僧。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「伊河留我寺地乎波、功徳分食分衣分寺主分四分為而」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てら‐じ【寺主】
〘名〙
① 諸大寺、定額寺(じょうがくじ)などの三綱(上座・寺主・都維那)の一つ。一寺の庶務・雑事をつかさどる僧。じしゅ。てらじゅ。
※梁塵秘抄(1179頃)二「法師博打の様(やう)かるは、地蔵よ加旃(かせん)二郎てらしとか」
② 寺銭を勘定し預かる人。てらくち。
※洒落本・卯地臭意(1783)「是も相応にゃア寺主(テラシ)があるはな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てら‐じゅ【寺主】
〘名〙 「てらじ(寺主)①」のこと。仁和寺での訓み習わしで、延暦寺などでは「じしゅ」と訓む。
※色葉字類抄(1177‐81)「寺主 テラシュ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寺主の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation