@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寺洞【じどう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

寺洞
じどう / サトン

北朝鮮、平壌(ピョンヤン)市の東郊にある無煙炭産地。平南南部炭田に属する平壌炭田で、1907年開発された。炭層は古生代平安系の寺洞統に含まれている砂質頁岩(けつがん)、黒色粘板岩などの互層中に8~9の炭層をなしている。炭層は地殻変動により粉炭化している。

[魚 塘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺洞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寺洞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation