@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

寺社奉行【じしゃぶぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寺社奉行
じしゃぶぎょう
鎌倉,室町,江戸時代に宗教行政を司った役所。鎌倉時代には主として幕府直轄領の寺社を監督した。室町幕府鎌倉幕府の制度を踏襲し,江戸時代には,初め金地院崇伝 (→崇伝 ) や板倉重昌が寺社行政を行なっていたが,崇伝の死後寛永 12 (1635) 年全国の寺社ならびに寺社領を監督する寺社奉行の職制が確定した。その他,キリシタン取締りや関八州外の旗本訴訟裁判をも司った。定員は4名で,奏者番を兼ね,譜代大名から選任された。幕府における地位はいわゆる三奉行中最上位におかれ,また権限も最も強く,自宅を役宅としていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じしゃ‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【寺社奉行】
鎌倉幕府以降、寺社の領地建物僧侶神官のことを担当した武家の職名。江戸幕府では将軍直属で三奉行の最上位に位置し、楽人陰陽師(おんようじ)・囲碁将棋師に関する事項をも扱った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じしゃぶぎょう【寺社奉行】

中世
 鎌倉・室町幕府において寺社関係の訴訟を扱った役職。また幕府と関係の深い寺社に個別に配置されて,寺社内部の紛争の処理や幕府への訴訟の取次ぎなどに当たった奉行人(別奉行)をもいう。相互に関係があるが,便宜的に二つに分けて記す。(1)前者は1194年(建久5)5月,右京進中原季時が寺社の訴えを執り申すべきことを命じられた《吾妻鏡》の記事を初見とし,鎌倉幕府では太田時連や二階堂貞雄などがこの職についており,訴訟事務の練達者が任じられる重職であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寺社奉行
じしゃぶぎょう

江戸幕府の職名。1635年(寛永12)創置。これ以前の寺社方は僧録司金地院崇伝(こんちいんすうでん)の支配下にあった。定員は4人(将軍直属、大名役、諸大夫(しょだいぶ)、芙蓉間詰(ふようのまづめ))。町(まち)・勘定(かんじょう)の両奉行(旗本役)とともに三奉行と称し、1658年(万治1)以降は奏者番(そうじゃばん)(員数20~30人)のなかから兼帯した。1862年(文久2)奏者番は廃止されて本役となった。幕閣枢要の地位を占め、『明良帯録(めいりょうたいろく)』に「器量人才之仁(さいのじん)にあらざれば其(その)任に堪(たえ)ず」とあり、譜代(ふだい)大名はここを振り出しに若年寄(わかどしより)や大坂城代、京都所司代(しょしだい)あるいは老中などの重職へと上った。自邸を役所とし、月番を定めて政務をみた。全国の神官、僧侶(そうりょ)をはじめ、楽人(がくにん)、検校(けんぎょう)、連歌師、陰陽師(おんみょうじ)、古筆見(こひつみ)、碁将棋(ごしょうぎ)所および幕府縁故の農工商を支配し、また、関八州、五畿内(きない)、近江(おうみ)、丹波(たんば)、播磨(はりま)を除いた、その他の諸国私領の訴訟を聴断した。訴訟のうち、支配下のものは内寄合(うちよりあい)と称し、月番の邸に同役と会して裁決したが、他の支配下のものはかならず評定所(ひょうじょうしょ)において諸役と合議し決定した。属僚に寺社奉行吟味物調役(ぎんみものしらべやく)、神道方(しんとうがた)、紅葉山(もみじやま)火之番、紅葉山御宮御霊屋付坊主(おみやみたまやつきぼうず)、紅葉山御高盛(おたかもり)坊主、紅葉山御宮付御縁頬(ごえんづら)坊主、紅葉山御霊屋付御縁頬坊主、紅葉山御掃除之者組頭、紅葉山御高盛六尺があり、また家臣のなかから手留役、寺社役、取次、大検使、小検使などの役人が任命されて、その職務を分掌した。ちなみに与力、同心は置かれなかった。

[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じしゃ‐ぶぎょう ‥ブギャウ【寺社奉行】
〘名〙
① 鎌倉・室町幕府の職名の一つ。寺社の祭祀、法要、営繕、人事、訴訟など、一切の事務をつかさどったもの。鎌倉幕府は、はじめ必要に応じ奉行人から任命したが、のち定置のものとなり、別に六波羅にも置かれ、畿内近国の寺社を取り締まらせた。室町幕府は、前代の職制を踏襲し、三、四人を置いたが、のち寺奉行と社家奉行を分離し、また別に、八幡宮・神宮・山門・南都・寺社造営・住持などの諸奉行をも置き、職務を分掌させた。
※吾妻鏡‐建仁三年(1203)一一月一五日「鎌倉中寺社奉行事更被之」
② 江戸幕府の職名の一つ。全国の寺社およびその領民をはじめ、神官、僧侶、楽人、盲人、陰陽師、連歌師などを統轄し、また、私領相互間の訴訟を受理したもの。奏者番である譜代大名から選任され、四、五人を定員とした。勘定奉行、町奉行と合わせて三奉行と称され、評定所一座の構成員として、重要事件の裁判・評議を担当。属吏に、家臣から選出した留役、寺社役、取次などの役職があり、自己の江戸屋敷を役所として、月番で執務した。
※禁令考‐前集・第五・巻四〇・元祿五年(1692)一一月「新地を古跡に被仰付覚〈略〉寺社奉行中江、老中、牧野備後守列座、申渡之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

寺社奉行
じしゃぶぎょう
江戸時代,幕府の職名
定員はおよそ4名で,全国の寺社・寺社領の人民・僧侶・神職などを支配。三奉行中最も地位が高く,譜代大名から選任された。評定所の構成員。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺社奉行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寺社奉行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation